インプラント手術を含む外科手術において、明視野の確保は非常に大切です。これまでに、インプラント手術を含む外科手術を指導させてもらう時は、このことを第一に指導させてもらいます。
インプラント手術における明視野の確保は、通常の歯科治療と異なる面があるため、外科手術になれていないと、このことはしばしばこのことは見過ごされているように思います。
ポイントは
1、広い術野で十分な器具のアクセスを確保する。
2、十分な光量を確保する。(拡大鏡を用いるとさらに良い)
3、外科術野における出血や唾液のコントロール

1、広い術野を確保することは、適切な軟組織のリトラクトにより、器具による偶発的な損傷を防ぎ、思いがけない事故を未然に防ぐことにつながります。
また、愛護的な手術操作により、術後の痛みや腫れも最小限に抑えることができます。そのために、切開線は解剖学的なものや、手術計画によりそれぞれ考慮される必要があります。

2、現在では拡大鏡+ヘッドライト(LED)がもっとも視野の確保と十分な光量をえられます。総合病院の中央手術室等には大きな無影灯が設置されていますが、それよりも現在では拡大鏡+LEDの方が勝っていると感じています。
拡大鏡もそれぞれありますが、当院で使用しているdesign for visionのものがもっともインプラント手術を含む外科手術を行う上でもっともすぐれていると思います。
ちなみに、当院で使用している拡大鏡はアメリカの外科医(心臓外科医や脳外科医等)が使用しているものと同じものを使用しております。

3、外科手術において、血液などを適切に吸引しコントロールすることは、高精度な手術を行う上で欠かせません。専用の外科用吸引管を用いて、熟練したアシスタントの存在が大変重要となります。