インプラントオーバーデンチャー

院長からのコメント

上顎に義歯を使用していた患者様ですが、話し中に義歯が動いて話しずらい、柔らかいものしか食べられない、義歯が大きいと気持ち悪いなどを我慢されて生活されていました。今回、インプラント4本用いて、磁力により義歯を支えることにより、なんでも噛めて、会話も食事もすごく楽しめるようになりました。

サイナスリフト併用インプラント治療

院長からのコメント

右上567のブリッジをしていた患者様ですが、噛む力に耐えられなくなり右上7の歯根が割れてしまいました。右上7の抜歯後、3ヶ月待ちCTにてインプラント治療計画をしたところ、上顎洞まで3-5mmの高さの骨しか無かった為、サイナスリフトと右上7の頬側GBRを併用してインプラント治療を行い、とても良好な状態で使っていただいております。

臼歯部2本

院長からのコメント

右下67が数年前、歯根が割れて抜歯したままになっていた患者様ですが、右の奥歯が噛めないのと、その前右下45の負担が増して被せ物がたびたび脱離するということで今回右下67にインプラント2本使用して噛み合わせを回復しております。すごく噛む力が強い患者様ですが、良好に使用していただいております。

臼歯部3本

院長からのコメント

患者様は85歳と高齢でありましたが、85歳には見えない元気な方で、どうしても入れ歯は嫌だ、しっかり噛めるようにしてほしいということで、他院より紹介された患者様です。
今回左下にインプラントを2本使用して、噛み合わせを回復し、なんでも美味しく食事をされて、健康を保たれています。

前歯部1

院長からのコメント

全体的に歯周病、歯列不正を認めた患者様です。当院は術前に歯周病、むし歯、かみ合わせ 等を総合的に診断したのちに治療に入っております。今回は、歯周治療、矯正治療を併用したインプラント治療を行い、良好なお口の状態に回復しており、現在も安定して使用されております。

前歯部2

院長からのコメント

他院にて上の前歯の根の治療を数年前行い、被せものを使用しておりましたが、今回歯根が破折したためインプラント治療を希望されました。前歯部のインプラントは、骨が薄いことが非常に多く、今回も根のダメージより骨の吸収を認めましたが、的確な術前の診断とGBRを併用してインプラント治療を行うことにより、審美的にも機能的にも良好な結果となっております。

多数歯インプラント治療1

院長からのコメント

右上2のブリッジの支台となっている根の破折により、今回インプラント治療をきぼうされた患者様です。総合的に咬合を良い状態で回復するため、6本のインプラントを使用し、全体的にかみ合わせを回復しました。

多数歯インプラント治療2

院長からのコメント

上顎に義歯を使用していた患者様ですが、義歯を支える左上23の歯の動揺が大きくなってきたため、しっかり噛めない、義歯が会話中も動いて話しにくいとのことでインプラント治療を希望されました。今回、左上23の根の先に大きな歯根嚢胞を認めたため、戦略的に2回に手術を分けて行い、良好な固定式のかみ合わせを回復できました。

両側臼歯部

院長からのコメント

左上のブリッジがゆれてきたとのことで、来院された患者様です。原因は奥歯が欠損しており、5番目までのかみ合わせしかないため、歯周病およびかむ力の負担に耐えれなかったかためでありました。今回、ブリッジの支えとなる歯の負担を減らすため、奥歯にかみ合わせを作るために3本のインプラントを計画し、治療を行い良好な状態となっております。

ページトップへ