歯を抜けたままにしている方へ

名古屋市緑区にあるななつ星デンタルクリニック

歯を抜けたままにしていませんか?

歯が抜けている方は、抜けた後にどういった治療をするかが重要になりますが、その前に歯を抜けたままにしておかないということが非常に重要になります。

  • 歯が抜けてしまったけど、生活に支障がないからまぁいいか…
  • 今は忙しいし、お金もないから少ししてから治療に以降
  • 歯が抜けたけど、痛くもないからしばらくはこのままでいいかなぁ
  • 虫歯で痛かった歯を抜けてもらえて良かった

この様に思われて、歯を抜いたままにしていませんか?確かに、歯を抜いてそのままにしておいても、すぐに痛みが出るわけでも、腫れるわけでもありません。あまり生活にも支障がないかもしれませんね。しかし、これは大きな間違いなのです。

歯を抜いてそのままにしておくと、口腔内に限らず、様々な問題が出てきます。それはすぐに起きるものではありませんが、じわじわとゆっくり時間をかけて、あなたに大きなトラブルとなって襲いかかって来る可能性が高いのです。
歯には1本1本の役割があり、その機能が果たされなくなると体全体に負担がかかることになります。

歯を抜けたまま放置すると起こりうること

1. 咬み合わせが崩れる

歯が抜けると、そのスペースを埋めるように周りにある歯が動いたり、倒れてきたりします。
その結果、歯並びや咬み合わせ崩れます。

2. むし歯・歯周病になりやすくなる

歯が無くなり、歯が動くことにより歯のすき間が開いてきます。そうするとその部分に磨き残しが出来、むし歯や歯周病になり易くなります。
また、咬み合わせが崩れ、歯に異常な力が加わることで、歯周病が進行しやすくなります。

3. 顎関節症

咬み合わせがずれることで、あごや関節に不自然な力が加わることになり、顎関節症になりやすくなります。あごの関節が痛くなったり、口を開け閉めする際に音がしたり、口が開きづらくなることがあります。

4. 頭痛や肩こりの原因の可能性も

歯が抜けている場所で、租借しにくくなる為、食事の際に片方のみで噛んだり、筋肉の付き方がアンバランスになります。口腔内だけの問題では無く、身体全体に影響し、頭痛や肩こりが起こる場合があります。

5. 内臓に負担がかかる

歯が抜け落ちると十分に咀嚼出来なくなる為、消化管への負担が大きくなります。
噛む回数が減ることで、唾液の分泌も越智、消化不良を起こしやすくなります。

ページトップへ