インプラント手術時の、細菌性心内膜炎の予防を目的とした抗菌薬の使用

みなさん、こんにちは。

名古屋市緑区・名古屋市南区・名古屋市天白区・名古屋市瑞穂区・東海市・豊明市からも通いやすい名古屋市緑区の歯科医院(歯科・歯医者)(野並駅・鳴海駅)

ななつ星デンタルクリニックです。

今回は循環器疾患に対する抗菌薬の使い方について少し説明させて頂きます。

日本循環器学会は、歯科口腔外科手技に関連した感染性心内膜炎予防のための抗菌薬投与について、その適応範囲をガイドラインにて提唱しています。

ClassI   特に重篤な感染性心内膜炎を引き起こす可能性が高い心疾患で、予防すべき患者
 ・生体弁、同種弁を含む人工弁置換患者
 ・感染性心内膜炎の既往を有する患者
 ・複雑性チアノーゼ性先天性心疾患(単心室、完全大血管転位、ファロー四徴症)
 ・体循環系と肺循環系の短絡増設術を実施した患者

ClassⅡa  感染性心内膜炎を引き起こす可能性が高く、予防した方が良いと考えられる患者
 ・ほとんどの先天性心疾患
 ・後天性弁膜症
 ・閉塞性肥大型心筋症
 ・弁逆流を伴う僧帽弁逸脱

ClassⅡb  感染性心内膜炎を引き起こす可能性が必ずしも高いことは証明されていないが、予防を行う妥当性を否定できない
 ・人工ペースメーカあるいはICD植え込み患者
 ・長期にわたる中心静脈カテーテル留置患者

以上のような患者さんには、感染性心内膜炎の予防として、口腔外科処置の前に抗菌薬投与が必要です。
歯、口腔に対する手技・処置後に発症する感染性心内膜炎の原因菌として最も多いのはStreptococcus viridansであるため、予防は特に Streptococcus viridansに対して行う必要があります。
日本循環器学会のガイドラインでは、歯科、口腔手技、処置に対する抗菌薬による予防法について以下のように提唱しています。

経口投与可能な場合         アモキシシリン   成人:2.0 gを処置1時間前に経口投与
                            小児:50 mg/kgを処置1時間前に経口投与

経口投与不能な場合         アンピシリン    成人:2.0 gを処置前30分以内に筋注あるいは静注
                            小児:50 mg/kgを処置前30分以内に筋注あるいは静注

ペニシリンアレルギーを有する場合  クリンダマイシン  成人:600 mgを処置1時間前に経口投与
                            小児:20 mg/kgを処置1時間前に経口投与
                  セファレキシンあるいはセファドロキシル
                            成人:2.0 gを処置1時間前に経口投与
                            小児:50 mg/kgを処置1時間前に経口投与
                  アジスロマイシンあるいは クラリスロマイシン
                            成人:500 mgを処置1時間前に経口投与
                            小児:15 mg/kgを処置1時間前に経口投与

ペニシリンアレルギーを有して経口投与不能
                  クリンダマイシン  成人:600 mgを処置30分以内に静注
                            小児:20 mg/kgを処置30分以内に静注
                  セファゾリン    成人:1.0 gを処置30分以内に筋注あるいは静注
                            小児:25 mg/kgを処置30分以内に筋注あるいは静注

また、弁膜症や人工弁置換術後などの患者さんでは、抗凝固療法がおこなわれていることがあります。
抗凝固・抗血小板療法に関するガイドラインでは、至適治療域にPT-INRがコントロールされている場合には、ワルファリン内服継続下での抜歯が推奨されています。
ワルファリンを中止すると約1%の頻度で重篤な血栓塞栓症を発症するとされ、抗凝固療法を突然中止するとリバウンド現象として一 過性に凝固系が亢進し,血栓塞栓症を誘発する可能性が示唆されているためです。

当院では、循環器疾患を有する患者さんに対しては、ガイドラインに沿い安全に歯科治療ができるよう心掛けております。
 

名古屋市緑区・名古屋市南区・名古屋市天白区・名古屋市瑞穂区・東海市・豊明市からも通いやすい名古屋市緑区の歯科医院(歯科・歯医者)(野並駅・鳴海駅)

口腔外科認定医、国際インプラント学会認定医、顎咬合学会(かみ合わせ)認定医が在籍

インプラント、インビザライン、歯周病治療、口腔外科、総合歯科治療なら

ななつ星デンタルクリニックへ

〒458-0801

名古屋市緑区鳴海町字山下78-1 コナミスポーツ鳴海山下1F

ななつ星デンタルクリニック

052-875-3383

【おすすめの関連記事】

・インプラント治療費用のご案内

・入れ歯でお困りの方はインプラントオーバーデンチャー

・ななつ星デンタルクリニックのインプラント治療に対する考え方

・院長紹介

・当院のインプラント治療の特徴

名古屋市でインプラントなら、地下鉄野並駅・名鉄鳴海駅からもアクセスの良いななつ星デンタルクリニックへ

Q手術中の痛み、また手術後の腫れなどはありますか?歯科恐怖症で心配です。

手術は局所麻酔下で行いますので、手術中は基本的に痛みは全くありません。
痛みに対する個人差にもよりますが、例えると抜歯程度だといわれる患者さまが多いようです。
もちろん歯肉を切ったり、骨を削る外科手術ですので、局所麻酔が切れた後に痛みや腫れが出る方も中にはいらっしゃいます。
しかし、通常術後に処方される抗生物質や痛み止めなどを忘れずにきちんと飲めば痛みは治まります。
術後2、3日たっても激しい痛みや腫れが引かない場合は、感染症などの疑いもありますので、担当医に連絡をとり、適切な判断を仰ぎましょう。
恐怖や不安を和らげリラックスした状態で手術を受けていただくために、当院ではインプラント手術を受ける患者さまでご希望の方は静脈内鎮静法を行っています。
血圧、脈拍、心電図、血中酸素濃度をリアルタイムで確認しながら全身管理で行うため、高齢者や全身疾患がある方でも安心して手術を受けることができます。
また、しっかりカウンセリングを受けて、患者様ご自身が十分治療を理解し、手術を任せても大丈夫だと担当医と信頼関係を築くことも、恐怖心を解消するために必要不可欠です。
当院では、初めて当院にお越しの患者さまへはインプラントの無料相談も行っております。また、通院中の患者さまは、インプラント治療を含めお口の中全体のカウンセリング等を随時行っております。
 

【おすすめの関連記事】

・インプラント治療費用のご案内

・入れ歯でお困りの方はインプラントオーバーデンチャー

・ななつ星デンタルクリニックのインプラント治療に対する考え方

・院長紹介

・当院のインプラント治療の特徴

名古屋市でインプラントなら、地下鉄野並駅・名鉄鳴海駅からもアクセスの良いななつ星デンタルクリニックへ

インプラント、口腔外科手術時、口腔内感染時の抗菌薬の適正使用について

みなさん、こんにちは。

名古屋市緑区・名古屋市南区・名古屋市天白区・名古屋市瑞穂区・東海市・豊明市からも通いやすい名古屋市緑区の歯科医院(歯科・歯医者)(野並駅・鳴海駅)

ななつ星デンタルクリニックです。


今回は適切な抗菌薬の使い方について少し説明させて頂きます。

抗菌薬とは、一般に抗生物質や化膿止めと呼ばれるもので、ターゲットは細菌となります。
ですので、ウイルスが原因である一般的な風邪やインフルエンザには効果は全くありません。

歯科での疾患で多いのはむし歯と歯周病で、両者とも細菌感染なのですが

歯周病が原因で急性症状(痛い、腫れた等)が出た場合は抗生剤を投与すると効果を得られます。

しかしむし歯がとても痛くなっても抗生剤は投与しません。

これは抗生剤がターゲットに到達するためには血流が必要で、利かせたい部位での抗菌薬濃度が重要だからです。

抗生剤を服用しても、むし歯へは抗生剤がまったく移行しないからです。
(むし歯が進行して根尖性歯周炎になった場合は歯科治療と併用して抗菌療法を行うこともありますが、抗菌薬が届くのは歯の外までです。)

抗菌薬は様々な種類がありますが、症例に応じて、また局所状態、投与理由に応じて適正使用が必要です。

専門的に歯、PK/PDといいます。

PK(Phermacokinetics)薬物動態
PD(Pharmacodynamics)薬力学

大まかには、濃度依存性タイプのフルオロキノロン系やアミノグリコシド系、時間依存性タイプのβラクタム系、マクロライド系とあります。

また、PAE(Post-antibiotic Effect)についても考慮必要です。

抗菌薬の使用の目的に応じて、治療目的の場合と、予防投与に分けられます。

予防投与は適切な種類を適切なタイミングで適切な投与期間が大切となります。

手術部位感染(Surgical site infection : SSI)

SSI予防のための抗菌薬投与のタイミングは、術部切開から30-60分以内に開始するのが基本ですが、種類によっては120分前に開始するのが一般的なもののあります。

インプラント手術で骨増生や、サイナスリフトを行う時や、患者さんの全身的既往歴を考慮して(特に細菌性心内膜炎を引き起こす可能性が高い疾患をお持ちの患者様等)
抗菌薬を適切な種類を適切なタイミングで投与することが重要となります。

※最新性心内膜炎については別に詳しく説明させて頂きます。

当院でのインプラント手術時は、これらを考慮して術前抗菌予防投与が必要な場合は必ず血管確保させて頂き、静脈鎮静下にて手術を行わせて頂きます。

インプラントのみならず、口腔内の外科処置時には局所の清掃、消毒、抗菌薬の予防投与についてはしっかり行っていきたいと考えております。

少し難しいお話しになりましたが、ご参考までに


名古屋市緑区・名古屋市南区・名古屋市天白区・名古屋市瑞穂区・東海市・豊明市からも通いやすい名古屋市緑区の歯科医院(歯科・歯医者)(野並駅・鳴海駅)
口腔外科認定医、国際インプラント学会認定医、顎咬合学会(かみ合わせ)認定医が在籍
インプラント、インビザライン、歯周病治療、口腔外科、総合歯科治療なら

ななつ星デンタルクリニックへ

〒458-0801
名古屋市緑区鳴海町字山下78-1 コナミスポーツ鳴海山下1F

ななつ星デンタルクリニック
052-875-3383
 

【おすすめの関連記事】

・インプラント治療費用のご案内

・入れ歯でお困りの方はインプラントオーバーデンチャー

・ななつ星デンタルクリニックのインプラント治療に対する考え方

・院長紹介

・当院のインプラント治療の特徴

名古屋市でインプラントなら、地下鉄野並駅・名鉄鳴海駅からもアクセスの良いななつ星デンタルクリニックへ

インプラント治療手順

みなさん、こんにちは。

名古屋市緑区・名古屋市南区・名古屋市天白区・名古屋市瑞穂区・東海市・豊明市からも通いやすい名古屋市緑区の歯科医院(歯科・歯医者)(野並駅・鳴海駅)

ななつ星デンタルクリニックです。


今回はインプラントの流れについて書かせて頂きます。

インプラント治療は、医療面接から始まり、メンテナンスまで的確な治療手順を踏んで行わなければなりません。

インプラント治療は、インプラントの手術を受けるのがゴールではなく、インプラント治療により機能と審美性を回復し、
より質の高い生活、つまりQOLを向上させることが目的です。

実際の流れは以下のようになります。

初診(無料相談)

医療面接と診察

各種検査(全身状態、局所状態)

診断と治療計画立案

インプラント埋入手術

二次手術(場合により)

印象(型取り)

上部構造装着

メンテナンス

☆インプラント治療に携わる者には臨床の場での高い知識・技術と倫理的態度が求められ、さらに高度の医療を提供するには、熟練したチームでのアプローチが不可欠なのです。
 インプラント治療を行うには、歯科医療分野での専門医、歯科衛生士、歯科技工士との連携が、また全身状態の把握やコントロールのためには医科との連携が必要なこともあります。


名古屋市緑区・名古屋市南区・名古屋市天白区・名古屋市瑞穂区・東海市・豊明市からも通いやすい名古屋市緑区の歯科医院(歯科・歯医者)(野並駅・鳴海駅)
口腔外科認定医、国際インプラント学会認定医、顎咬合学会(かみ合わせ)認定医が在籍
インプラント、インビザライン、歯周病治療、口腔外科、総合歯科治療なら

ななつ星デンタルクリニックへ

〒458-0801
名古屋市緑区鳴海町字山下78-1 コナミスポーツ鳴海山下1F

ななつ星デンタルクリニック
052-875-3383
 

【おすすめの関連記事】

・インプラント治療費用のご案内

・入れ歯でお困りの方はインプラントオーバーデンチャー

・ななつ星デンタルクリニックのインプラント治療に対する考え方

・院長紹介

・当院のインプラント治療の特徴

名古屋市でインプラントなら、地下鉄野並駅・名鉄鳴海駅からもアクセスの良いななつ星デンタルクリニックへ

ページトップへ