手術は局所麻酔下で行いますので、手術中は基本的に痛みは全くありません。
痛みに対する個人差にもよりますが、例えると抜歯程度だといわれる患者さまが多いようです。
もちろん歯肉を切ったり、骨を削る外科手術ですので、局所麻酔が切れた後に痛みや腫れが出る方も中にはいらっしゃいます。
しかし、通常術後に処方される抗生物質や痛み止めなどを忘れずにきちんと飲めば痛みは治まります。
術後2、3日たっても激しい痛みや腫れが引かない場合は、感染症などの疑いもありますので、担当医に連絡をとり、適切な判断を仰ぎましょう。
恐怖や不安を和らげリラックスした状態で手術を受けていただくために、当院ではインプラント手術を受ける患者さまでご希望の方は静脈内鎮静法を行っています。
血圧、脈拍、心電図、血中酸素濃度をリアルタイムで確認しながら全身管理で行うため、高齢者や全身疾患がある方でも安心して手術を受けることができます。
また、しっかりカウンセリングを受けて、患者様ご自身が十分治療を理解し、手術を任せても大丈夫だと担当医と信頼関係を築くことも、恐怖心を解消するために必要不可欠です。
当院では、初めて当院にお越しの患者さまへはインプラントの無料相談も行っております。また、通院中の患者さまは、インプラント治療を含めお口の中全体のカウンセリング等を随時行っております。
 

【おすすめの関連記事】

・インプラント治療費用のご案内

・入れ歯でお困りの方はインプラントオーバーデンチャー

・ななつ星デンタルクリニックのインプラント治療に対する考え方

・院長紹介

・当院のインプラント治療の特徴

名古屋市でインプラントなら、地下鉄野並駅・名鉄鳴海駅からもアクセスの良いななつ星デンタルクリニックへ