今回のテーマは“サイナスリフト”というインプラント治療の中でも上の奥歯の骨の足りない方へ対して行う処置方法をご紹介します。

インプラントの治療を受けるにためには、顎に十分な「骨の厚みや幅」が必要です。骨の量が足りないと、土台となるインプラント体を埋入することができず、その上に装着する人工歯のしっかりした支えになりません。
無理に埋め込んでも結局だめになってしまいます。
しかし、骨の量が足りない場合であってもインプラント治療をあきらめる必要はありません。現在では「自家骨(患者さま自身の骨)」を採取して不足部分に移植・補填したり、人工的な骨補填材を補填する「骨造成術」など、多岐にわたる増骨治療によって、インプラント治療が可能になっています。
骨の不足で多いのが上顎です。上顎の歯槽骨の上部には「上顎洞(サイナス、副鼻腔)」という空洞部分があり、下顎に比べて少し骨の厚みが少なくなっています。そのため、上の歯が抜けてしまうと次第に骨が痩せていき、さらに骨の厚みも薄くなってしまうのです。そのままの状態でインプラントを埋め込むと上顎洞に突き抜けてしまいます。そこで増骨治療を行って十分な高さまで骨を増やすのです。

【上顎で行われる2つの増骨法】
前に記載しました上顎洞が拡大していて、上顎にインプラントを埋入できないときには、「サイナスリフト」と「ソケットリフト」という2つの増骨治療のうち、いずれかの方法を用いて骨造成を行います。
では今から2つの方法の詳しい内容と特徴をご説明します。

◆サイナスリフト
上顎洞の底部は「シュナイダー膜」という粘膜で覆われています。この上顎洞粘膜を下から持ち上げて、できた隙間に自家骨や人工の骨補填材を補填し、骨の高さを確保する治療法をサイナスリフトといいます。
サイナスリフトでは、まず歯ぐきを切開して歯槽骨に穴をあけ、窓をつくります。その窓から専用の器具を差し込み、上顎洞から粘膜を慎重にはがします。はがした粘膜をそのままゆっくり持ち上げ、上顎洞の底部を
押し上げます。そして歯槽骨と上顎洞粘膜の間にできたスペースに自家骨か補填材を入れます。この治療法は歯槽骨の厚みが5㎜以下と、骨の厚みがかなり少ない場合に用いられる方法です。以前は、上顎の骨の厚みが大幅に不足しているとインプラントが埋入できない場合もあったのですが、サイナスリフトが開発されてから多くの患者さまにインプラント治療が適応できるようになりました。

◆ソケットリフト
歯槽骨の高さが5mm以上ある場合はソケットリフトという方法で上顎へのインプラント埋入を行うことができます。基本的にはサイナスリフトと同じように、上顎洞底部に骨補填材をいれて造成する方法ですが、ソケットリフトの場合は底部の一部分だけを増骨します。
まず、インプラントを埋め込むための穴を形成します。この穴からソケットリフター(オステオトーム)という専用器具を差し込み、その部分の上顎洞粘膜を剥がして、底部を押し上げます。そこにできた隙間に骨補填材を入れ、インプラントを埋め込む部分だけを増骨するのです。
このようにソケットリフトはサイナスリフトと違い、インプラントを埋め込む部分だけに骨補填材を入れて増骨しますので、手術時間が短くて済むうえ傷の回復も早く、患者さまの体への負担は軽くなります。ただし小さな穴の奥は目で確認できないので、この治療を行う歯科医には、補填材の充填状況や粘膜の位置などを正確に判断する経験と高度な技術が求められます。

ななつ星デンタルクリニックでは、院長の近藤がサイナスリフト、ソケットリフト両方の増骨治療の経験が多く、インプラント治療を行うことができた患者さまも多いので、もしも他院にて骨の量が足りなくて、インプラント治療が難しい。と言われた方は一度インプラント無料相談にお越しください。
 

【おすすめの関連記事】

・インプラント治療費用のご案内
・入れ歯でお困りの方はインプラントオーバーデンチャー
・ななつ星デンタルクリニックのインプラント治療に対する考え方
・院長紹介
・当院のインプラント治療の特徴
・当院のインプラント治療の流れ
 

名古屋市でインプラントなら、地下鉄野並駅・名鉄鳴海駅からもアクセスの良いななつ星デンタルクリニックへ