抜歯・埋入・仮歯装着が1日で可能
                           

目次
埋入当日からものを噛むことも可能 
患者さまの体の負担を大幅に軽減

抜歯即時埋入のメリット

 

埋入当日からものを噛むことも可能

抜歯即時埋入法が開発されるまでは、まず状態の悪い歯を抜歯し、その傷が治癒するのを待って、改めてインプラント治療を開始する、という方法しかありませんでした。こうした方法をとる理由は、抜歯した後、その周囲の骨が安定するまでインプラント治療を行うことが難しいとされているためです。
しかしこれでは治療期間が長くかかるうえ、抜歯と手術、2回の外科処置が必要です。また時間が経ちすぎると「抜歯した部分の骨と歯茎が吸収されてしまう(やせてしまう)」などのデメリットもりました。近年、こうした患者さまへの負担やストレス、デメリットを解消すべく、技術やインプラント製品の向上によって、抜歯したその日にインプラントを埋め入れる治療法「抜歯即時埋入」が行われるようになってきたのです。

抜歯即時埋入を行った場合、抜歯当日から仮歯を装着することも可能です。そのため、インプラント埋入手術の当日から仮歯でものを噛むことができます。手術の当日に仮歯を被せないときは、「ヒーリングアバットメント」という円筒形の金属をインプラント体にかぶせ、周囲の歯ぐきの回復を待ってから仮歯を装着します。

患者さまの体の負担を大幅に軽減
抜歯即時埋入は、インプラント手術回数が1回で済むため「手術に伴う患者さまへの負担が最小限で済む」というのが、最大のメリットです。また手術が1回なので当然、治療期間が短縮されます。さらに手術後も通常の治療と比べて痛みが少なく、腫れることもあまりありません。

抜歯即時埋入のメリット
①抜歯とインプラント手術の外科処置が1回の手術回数で済むため、患者さまの体の負担が少ない。
②抜歯と同時にインプラントを埋め込むので、従来の約半分の治療期間で済む
③通常の治療に比べ、手術後の痛みや腫れが少ない
【おすすめの関連記事】
・インプラント治療費用のご案内
・入れ歯でお困りの方はインプラントオーバーデンチャー
・ななつ星デンタルクリニックのインプラント治療に対する考え方
・院長紹介
・当院のインプラント治療の特徴
・当院のインプラント治療の流れ

名古屋市でインプラントなら、地下鉄野並駅・名鉄鳴海駅からもアクセスの良いななつ星デンタルクリニックへ