今回はインプラント治療の過程の中でも最も多い手術についてのよくある質問についてお応えしたいと思います。

目次
・インプラントの手術は痛いですか?
・手術が終わった後は腫れたり、痛みますか?
・手術は入院しますか?
・手術時間はどのくらいですか?
・手術後は食事はできますか?
・手術後は仕事や普段の生活はできますか?  
             
               

インプラントの手術は痛いですか?
 手術中は事前に必ずお口の中の麻酔を行いますので、痛みはほとんど感じません。
 また術前に痛み止めのお薬を服用して頂き、手術中・術後の痛みを和らげます。

 静脈内鎮静法を併用する場合は、事前の痛み止めの服用は控え、事前に点滴内に痛み止め、腫れ止め、止血剤などを投与します。もしも、手術中に麻酔が切れて痛みを感じることがありましたら、必ず声を出して教えて頂くよう事前にお伝えします。

手術が終わった後は腫れたり、痛みますか?
 手術後は麻酔が切れた頃に、軽い鈍痛が生じることがあります。しかし、痛み止めのお薬を服用して頂くことで痛みはおさまってくることがほとんどです。腫れに関しては、通常のインプラント埋入手術にて腫れが生じることは少ないです。しかし、骨の移植を行ったり、大きく骨を削った場合は腫れが生じます。術後2,3日腫れた後徐々に元の状態に戻ります。
・手術時間はどのくらいですか?
.通常は30分~45分程度の手術時間です。骨造成を併用する場合や本数が多い場合は、45分~1時間15分程度です。
オールオン4の場合は2時間30分程度です。

手術は入院しますか?
インプラントの手術は入院は必要ありません。静脈内鎮静法という点滴を併用した場合は、術後に歩いた時のふらつきや気分が悪きない状態を確認できるまで院内にてゆっくりお休み頂きます。朝来院して頂いてから、お昼ごろ帰宅して頂くことがほとんどです。

・手術後は食事はできますか?
手術後の食事は可能です。インプラントの手術後に切開した傷口は糸で縫合されますが、もし何かのきっかけで傷口が開いてしまうと雑菌が入り、感染を起こす可能性があります。手術後しばらくは、反対側を使ってお食事することを心がけてください。術後すぐに仮歯を入れて貰っていても、あまり使わないほうが安心です。インプラント手術後2〜3日程度は、なるべく噛まずに食べられるようなヨーグルトやスープ・うどんやおかゆなどの柔らかなものを選んで食べましょう。温度もできるだけぬるめを意識してください。特にビタミンは粘膜の生成・術後の免疫力の向上に重要です。 インプラント手術の術後に高濃度のビタミンCを補充することが最適です。果物や野菜を使ってスムージーにしたり、市販の野菜や果物のジュースを飲んで免疫力を高めましょう。さらに、手術後は出血や痛み・腫れの原因になる「辛いもの」や「熱いもの」「硬いもの」「香辛料の強い刺激物」「アルコール」は控えましょう。

・手術後仕事や普段の生活はできますか?
お仕事や日常生活には大きく支障はありません。ただし肉体労働や、スポーツで体をよく動かす仕事や習慣がある方は血の巡りが良くなり、再出血や脈を打つような痛みが生じることがあります。一番良いのは手術当日はご自宅でゆっくりからだを休めていただくことですが、ご自身の体調や手術した部分の状態に応じて休息をとりながらお仕事に取り組んでください。また、静脈内鎮静法を併用された患者さまは、術後眠気がなくなった後も頭のなかではぼーっとしている状態が続いていることが多いので当日の運転や運転を行うお仕事は控えてください。
【おすすめの関連記事】
・インプラント治療費用のご案内
・入れ歯でお困りの方はインプラントオーバーデンチャー
・ななつ星デンタルクリニックのインプラント治療に対する考え方
・院長紹介
・当院のインプラント治療の特徴
・当院のインプラント治療の流れ

名古屋市でインプラントなら、地下鉄野並駅・名鉄鳴海駅からもアクセスの良いななつ星デンタルクリニックへ