インプラントを長持ちさせるためのケア方法とは?

インプラントを長持ちさせるためのケア方法


インプラントは最終的な被せものが入って治療がひと段落しますが、実はここからがインプラントを長持ちさせるための大切な時期です。今回は今後の生活とお手入れについて詳しくご紹介いたします。


【目次】
・定期検診とセルフケア
・インプラント手術後の正しい歯の磨き方
・生活習慣の改善

 

・ 

・定期検診とセルフケア

インプラントそのものは半永久的で、変質したり、腐食したりすることはありません。しかし、口の中のケアを怠ると、インプラントと歯茎の間から病原菌が侵入し、周囲粘膜が炎症を起こし、やがては歯周病と同じように骨が溶けて人工歯根が露出、インプラントの脱落へと至ってしまいます。また、長い年月の中で歯や周囲の組織の状態、噛む力など、口の中の環境が変わり、かみ合わせがずれてくることもあります。

ですから、インプラントも自分の歯と同じように、歯科医院での定期検診とていねいなセルフケアが欠かせません。定期的なメンテナンスでは、クリーニングとインプラント周囲の歯ぐきの状態、インプラント体の緩みなど、口の中の状態を3ヶ月ごとにチェックします。

 ・

・自宅でのセルフケアは歯みがきが基本です。特に注目したいのはインプラントと歯ぐきの境目です。ここは歯の汚れが溜まりやすく、炎症を起こしやすい部分です。磨き残しを少しでも防ぐために、歯間ブラシやデンタルフロス(糸ようじ)などを歯ブラシとともに使用することも有効です。また、インプラントの手術後の使用に適したさまざまな種類の歯ブラシがありますので、そうした歯ブラシの使用もお勧めです。

人にはそれぞれ磨き癖があり、磨き残してしまう部分が必ずあります。定期健診の際に歯科衛生士から自分の歯みがきの仕方をチェックしてもらい、改善していきましょう

・インプラント手術後の正しい歯の磨き方
◎手術直後は、専用の毛が非常に軟らかい歯ブラシを使います。糸を取るまでの1週間の間は手術部位と前後の歯は避けて優しく磨きましょう。手術部位は手術当日より専用のうがい薬にてよく含嗽してください。
×毛先が硬い歯ブラシを使用したり、手術部位を強い力でゴシゴシと磨かないでください。手術部位の歯ぐきは幼弱でブヨブヨしているため、傷がついたり、縫ってある糸が外れて歯ぐきが元通りにつかなくなってしまうからです。
糸を取った後は、インプラントのキャップの周りを軟らかいワンタフトブラシにて清掃します。
当院ではオーラルケアのインプロというワンタフトブラシを使用しております。


・生活習慣の改善
インプラントは人工歯根と人工歯でできているのでむし歯になることはありません。しかし歯周病やむし歯は細菌感染症ですから、常に口の中を清潔にして他の歯がむし歯や歯周病にならないようにすることは、インプラントや残った歯を長持ちさせるだけでなく、糖尿病などの全身疾患にも良い影響を与えます。

また、喫煙習慣のある方はぜひ禁煙することをおすすめします。タバコの煙に含まれる有害物質は、血管を収縮させ、口の中に十分な血液が行き渡ることを阻害して、口内環境を損ないます。そのため、インプラントの手術に際してもヘビースモーカーの方の場合、成功率が多少落ちることもあります。インプラントを入れるなら、これを機会に禁煙をお勧めします。インプラントを長く良い状態で維持していくためには生活習慣の改善が大切です。食事も含めた生活習慣全体の見直しを行いましょう!

院長経歴

 
近藤 英仁

  • 【所属学会等】
  • 日本口腔外科学会 認定医
  • 日本顎咬合学会 認定医
  • 国際インプラント学会 認定医
  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本顎関節学会
  • 日本口腔診断学会
  • 日本歯科医師会
  • 名古屋市歯科医師会
  • 緑区歯科医師会
  • 公立学校共済組合東海中央病院 非常勤医師(口腔外科、インプラント)
  • わかくさ総合歯科 非常勤医師(口腔外科、インプラント)
  • しょうほく歯科 非常勤医師(口腔外科、インプラント)
  • ケンデンタルクリニック 非常勤医師(インプラント)
  • 【経歴】
  • 滝高等学校卒業
  • 名古屋大学理学部卒業
  • 愛知学院大学歯学部卒業
  • 公立学校共済組合東海中央病院 歯科口腔外科 研修医
  • 岐阜大学附属病院 歯科口腔外科 研修医
  • 岐阜市民病院 歯科口腔外科 麻酔科研修
  • 医療法人 にった歯科
  • 公立学校共済組合東海中央病院 歯科口腔外科 医長
  • ななつ星デンタルクリニック開業

インプラント治療に関するよくある質問

インプラント治療について、わからないことはまだまだあるはず。
そんな疑問にわかりやすくお答えいたします。
是非ご参考になさってください。

目次
インプラント治療の成功率はどれくらいでしょうか?
・体に金属を埋めることが心配なのですが。
・顎の骨が少ないとインプラント治療はできませんか?
・無歯顎ですが、失った歯の本数のインプラントを入れなくてはいけないのでしょうか?
・他人が見たら、インプラントだとわかりますか?
・歯の治療を行うときに使う麻酔にはどのような種類がありますか?


 

・インプラント治療の成功率はどれくらいでしょうか?

それぞれの歯科医院や使用するインプラントによっても異なりますが、世界的なインプラントの累積成功率は10年で95%以上、上顎92~94%、下顎95~98%とかなり高い成功率が得られているという報告があります。

インプラントを長期的に良好な状態で保つためには、セルフケアと歯科医院で行うメンテナンスが必須です。これらが適切に行われていれば、10年後も90%以上、きちんと機能していると言われています。
しかし、骨粗鬆症や糖尿病などの疾患や喫煙、歯周病の再発などにより、メンテナンスをきちんと受けていても、経過が思わしくない状態になることもあります。当院では」、こうした万が一の事態に備え、保証制度を設けております。インプラントと骨が結合しなかった、かぶせ物が割れてしまった。などの場合でも、メンテナンスを定期的に受けていただいている患者さまであれば、無償でリカバリーを行っています。


 

・体に金属を埋めることが心配なのですが。
インプラントの歴史は長く、最古のものは紀元前550年ともいわれております。最近までは金、銀、コバルト、サファイアなどの材料で研究され、治療が行われていました。しかし、どれも人工歯根の素材としては拒絶反応や毒性があり、強度の点からも最適といえるものがありませんでした。
ところが1965年にスウェーデンの医師ブローネマルク博士が、チタンと骨が結合する反応「オッセオインテグレーション」を偶然発見したことで、現在のインプラント治療の基礎が確立されました。
チタンは人間の体の組織と親和性が高いため骨と強く結合する材料で、腐食や拒絶反応・アレルギー反応がほとんど起こりません。日本でも1985年頃から普及し始め、現在チタンは厚生労働省の認可も受けていて、歯科以外にも人工関節や心臓のペースメーカー、骨折した骨をつなぐボルトなど広く医療分野で使われています。

顎の骨が少ないとインプラント治療はできませんか?
歯槽骨に人工歯根を埋め込むインプラント手術では、土台となる顎の骨の量や質が十分にあることが重要になります。しかし、歯を失ってからの期間が長かったり、合わない入れ歯
で軟らかいものばかり食べていると、骨がやせ細ってしまい、インプラントを埋め込むことができない場合があります。しかし骨がやせ細ってしまっている方も、インプラント治療を諦める必要はありません。患者さまご自身の骨を移植したり、人工の骨を補填して骨を作る「骨造成術」を行ったり、骨の不足している部分をさけてインプラントを斜めに埋入する「オールオン4」を行うことができれば、インプラントが可能となります。
骨造成術にはGBR法、サイナスリフト、ソケットリフトなど様々な術式があり、部位や吸収の具合によって最適な方法をご提案させていただきます。

無歯顎ですが、失った歯の本数のインプラントを入れなくてはいけないのでしょうか?
無歯顎の患者さまに対して、失った歯の本数と同等のインプラントを埋め込むことは、身体的にも経済的にも大きな負担となってしまいます。そのような患者さまのために、
従来よりはるかに軽度な負担で治療のできる画期的な方法「オールオンフォー(All‐on‐4)」を紹介します。オールオンフォーは、インプラントを4本(前歯に2本と奥歯に傾斜をつけて2本)埋入し、連結した固定式の人工歯を支える方法です。合わない総入れ歯のような、歯ぐきの痛みや外れやすいなどの心配もなく、しっかりと噛むことができるようになります。通常のインプラントの場合、顎の骨が薄い場合は骨造成術が必要でしたが、オールオンフォーでは骨の薄い部分を避けて埋め込むことができるので、手術したその日のうちに仮歯を装着して食事をすることも可能です。
詳しくは・オールオンフォー(All‐on‐4)
   ・治療したその日に軽い食事ができるオールオンフォーインプラント


 

他人が見たら、インプラントだとわかりますか?

見た目でインプラントだとわかることは、まずありません。人工歯根を顎の骨に埋め込むインプラントはしっかりと固定され、単体で自立していますので、部分入れ歯のように固定するためのバネは不要です。
インプラントの上にかぶせる人工歯にもさまざまな素材、色合い、光沢、透明感、質感のものがありますので、その中からより周囲の天然歯になじむものを選ぶことが可能です。

インプラントは審美面だけでなく、機能面でも自分の歯に非常に近く、しっかりものが噛めるようになります。これにより脳に刺激が伝わるので痴呆防止や、顎の筋肉が動きますのでほうれい線が目立つ老人性顔貌の改善にもなり、口元や体全体の健康にも良い効果をもたらします。硬い物が食べられるようになるので家族や友人と同じメニューで食事を楽しんだり、大きな口を開けても入れ歯のように緩んだり外れてしまう心配をすることなく、生活を送れます。インプラント治療によって、笑ったり歌ったりできるなど、心身ともにQOL(生活の質)の向上が期待できるのです。
面倒なお手入れや睡眠時に取り外す必要もなく、自分の歯と同じように簡単にケアできるのもインプラントのメリットのひとつです。まるで天然歯を取り戻したかのように優れた機能を持つことが、「第三の永久歯」といわれるゆえんでもあります。


 

・歯の治療を行うときに使う麻酔にはどのような種類がありますか?

歯科麻酔には次の種類があります。
◆局所麻酔法
主に注射器で麻酔薬を打つ方法です。歯科治療で最もよく用いられる麻酔です。局所近くの歯ぐきに打つ「浸潤麻酔法」と局所から離れた太い神経の近くに打って広範囲を麻酔する「伝達麻酔法」があります。伝達麻酔は骨の厚い下顎の奥歯や親知らず、複数歯の治療に使われます。また、注射針を刺すときの痛み軽減のため、注射する部分に麻酔薬を塗ることもあります。これを「表面麻酔」といい、局所麻酔のひとつで、注射が苦手な方やお子さま、ごく表面の処置や切開などに用いられます。

◆全身麻酔
意識を失くして、全身の感覚を麻痺させる方法です。局所麻酔では対応しきれない顎、口腔、舌などの口腔外科手術のほか、患者さまが極度に恐怖感を抱いている場合や、心身障害のある方への歯科治療にも用いられます。麻酔薬を静脈に投与する「静脈麻酔法」と肺に吸入する「吸入麻酔法」があります。吸入麻酔法は、吸入濃度を調節することで、麻酔の深さを調節しやすいのが特徴です。

◆精神鎮静法
歯科治療に対する不安や恐怖感を和らげて、気分良く治療を受けられるようにする方法です。少量の精神安定薬や麻酔薬を投与して気分をリラックスさせます。全身麻酔のように意識を失くしたり、また痛みを直接除去したりするするものではありません。
鼻から吸入する「笑気吸入鎮静法」と、静脈内に少量の緩和精神安定剤や麻酔薬を投与する「静脈内鎮静法」があります。静脈内鎮静法は笑気吸入鎮静法よりも鎮静度が深く、かつ持続します。

当院のインプラント手術では、局所麻酔のみと、局所麻酔に静脈内鎮静法を併用した方法を行っております。

【おすすめの関連記事】

・インプラント治療費用のご案内

・入れ歯でお困りの方はインプラントオーバーデンチャー

・ななつ星デンタルクリニックのインプラント治療に対する考え方

・院長紹介

・当院のインプラント治療の特徴



名古屋市でインプラントなら、地下鉄野並駅・名鉄鳴海駅からもアクセスの良いななつ星デンタルクリニックへ

ページトップへ