インプラントの治療が終わった後は、お家でのケアが長持ちする重要なカギを握ります!

ここではインプラントの素材や構造に合わせておすすめのセルフケアグッズをご紹介いたします。

【目次】
1歯ブラシ
2歯間ブラシ
3デンタルフロス
4スーパーフロス
5音波振動歯ブラシ
6低研磨性の歯磨剤
7化学的清掃法

1歯ブラシ
歯ブラシはおすすめの形態として歯と歯の間に毛先が入りやすい形態のものを選んで頂くことが良いです。
理由としては、インプラント周囲炎は歯周病と同じで原因が歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目に付着したプラーク(細菌の塊)なのでこれらを除去しやすい歯ブラシを選んで頂くことがおすすめです。

《ルシェロ歯ブラシ》

ルシェロ歯ブラシは段差植毛といって、短い毛と長い毛が二種類ミックスされているため、普通に横磨きをしただけで歯と歯の間に入りやすい形態の歯ブラシです。
また、先端が集中毛といってワンタフトブラシのように山型になっています。これは、歯を失ってインプラントをすることが多い一番奥の歯の後ろの部分にもブラシが届きやすく、清掃性がとても良いです。

お口の大きい方はルシェロタイプ
お口の小さい方はピセラタイプ

歯ぐきの厚みによって、分厚い方はむし歯用Bタイプ
薄い方は歯周病用Pタイプなど

このようにお口の大きさや歯ぐきの厚みによっておすすめの歯ブラシをご提案させていただきます。

*磨く力加減
特に前歯のインプラント治療を行った方は、周囲粘膜が薄い場合に強い力をかけて磨き続けると、歯ぐきが退縮してインプラントの土台のチタンの部分が露出してしまうリスクがあります。

〈気をつけるポイント〉
・軟らかい毛質のブラシを選択する
・ブラッシングの圧は弱め
・被せ物の表面に直角に当てる

 

2歯間ブラシ

歯間ブラシは誤った使用方法によって簡単に歯ぐきを傷つけてしまう恐れがあります。そのため、使用を開始する際には必ずサイズの確認を行いましょう。そしてどのような角度で挿入すると良いか指導を受けましょう!

〈歯間ブラシのサイズ〉
・粘膜を押し広げないよう、天然歯の歯間部に適合するサイズよりワンサイズ小さいものを選ぶ

〈歯間ブラシの種類〉
・チタン表面やセラミック表面を傷つけないナイロンやプラスチックコーティングされているもの

《tepe》

《gum》

3デンタルフロス
インプラントが1本単体の場合、隣り合う天然歯との間はデンタルフロスにて清掃するのがおすすめです。
インプラントは天然歯と比較して土台と被せ物とのくびれが大きく、歯ぐきの中に溜まったプラークによってインプラント周囲炎を引き起こしやすいです。
デンタルフロスの良いところは、歯と歯の間だけでなく歯ぐきの中に溜まったプラーク(細菌)を取り除くことが可能です。

《フロアフロス》

4スーパーフロス

スーパーフロスはブリッジのように連結したインプラントの被せ物の歯と歯の間の清掃に使うフロスです。歯間ブラシの一番小さいサイズ(SSS・SSSS)が歯と歯の間に通らないくらい狭いすき間の部分は、このスーパーフロスを歯と歯の間に挿入してこすりながらプラーク(細菌)を除去します。

《 ソートン》

5音波振動歯ブラシ
オールオンフォーなどの全顎のインプラント治療をした方は、音波の作用により効率に磨くことができるので音波振動歯ブラシを使ってケアすることをおすすめします。

またブラッシング圧をコントロールできない患者さまにおいては、過剰な圧のブラッシングによって粘膜を傷つけることなく、一定の振動で磨くことができます。

《ソニッケアー》

《プリニア》

6低研磨性の歯磨剤

研磨剤が多く配合されている歯磨剤は、インプラントの被せ物を摩耗させるため、インプラントのみならず天然歯に対しても使用を控えることがおすすめです。セラミックや金属などインプラントの被せ物の材質にかかわらず、研磨剤によって傷ついた表面はバイオフィルム、プラークの沈着を招きます。
また審美的にも研磨材によって摩耗した細かい傷により、セラミックの艶や輝きを失わせます。したがって、低研磨性、または研磨剤無配合の歯磨剤が望ましいと考えます。

《checkup standard》

《リナメル》

《コンクールジェルコートIP》

7化学的清掃法
インプラントの形態的特徴から、歯ブラシによるセルフケアでは磨き残しやすい部分を、含嗽材による化学的清掃方法で補うことも必要です。とくにオールオンフォーなどの全体がインプラントの被せ物でできている歯列は、ブラッシングに慣れていないため、化学的清掃によりプラークコントロールを行うことが重要となります。

《コンクールF》


実はインプラントは天然歯と比較してデリケートな一面を持っています。そのため、毎日のケアでインプラントにとって良い製品を使うことで長持ちさせることができます。
また、自分ではどのケアグッズが適しているのか・・・悩むと思います。そんな時はメンテナンスの時に歯科衛生士や歯科医師にお気軽にご相談ください。その中でご自身のライフスタイルに合ったインプラントケアをお選びいただき、健康な状態を長く維持していきましょう!

院長経歴
近藤 英仁

  • 【所属学会等】
  • 日本口腔外科学会 認定医
  • 日本顎咬合学会 認定医
  • 国際インプラント学会 認定医
  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本顎関節学会
  • 日本口腔診断学会
  • 日本歯科医師会
  • 名古屋市歯科医師会
  • 緑区歯科医師会
  • 公立学校共済組合東海中央病院 非常勤医師(口腔外科、インプラント)
  • わかくさ総合歯科 非常勤医師(口腔外科、インプラント)
  • しょうほく歯科 非常勤医師(口腔外科、インプラント)
  • ケンデンタルクリニック 非常勤医師(インプラント)
  • 【経歴】
  • 滝高等学校卒業
  • 名古屋大学理学部卒業
  • 愛知学院大学歯学部卒業
  • 公立学校共済組合東海中央病院 歯科口腔外科 研修医
  • 岐阜大学附属病院 歯科口腔外科 研修医
  • 岐阜市民病院 歯科口腔外科 麻酔科研修
  • 医療法人 にった歯科
  • 公立学校共済組合東海中央病院 歯科口腔外科 医長
  • ななつ星デンタルクリニック開業


 

名古屋市でインプラントなら、地下鉄野並駅・名鉄鳴海駅からもアクセスの良いななつ星デンタルクリニックへ