インプラントは検診をしないと悪くなる。それはなぜでしょうか?その理由はインプラントの歯周病(インプラント周囲炎)と過重負担によって放っておくと『インプラントが揺れて抜けてしまう』というリスクがあるからです。そこで検診による定期的なクリーニングとインプラントに変化がないかを確認し小さなうちに発見、治療することが重要です。では実際に検診ではどんなことをしているのか、ご紹介いたします。

【目次】
1問診
2歯周病の検査
3歯の動揺度検査
4歯みがきのチェック
5ブラッシング指導
6クリーニング
7むし歯・かみ合わせ・レントゲン精査
《過重負担》

1問診

前回の来院時より全身状態、お口の中で変化はないかお尋ねします。新たにご病気をされたり、服薬内容が変化した場合は確認します。また、お口の中で痛みや違和感があるところは歯科医師に伝え、確実に確認して頂きます。

2歯周病の検査

天然歯、インプラント部分の歯と歯ぐきの間にある溝(歯周ポケット)の深さを測定します。同時に測定時と測定後の歯ぐきからの出血、排膿状態を確認します。この検査によって歯周病菌による歯ぐきの炎症具合をお調べします。
3歯の動揺度検査

インプラントや歯が揺れている部分は周りの骨の吸収や過重な負担が考えられます。またインプラントの場合、被せ物の人工歯と人工歯根をつなぐネジが緩んで動いていることも考えられます。1本ずつ歯を揺らして動きの確認を行います。
歯みがきのチェック

むし歯や歯周病の原因となるプラーク(細菌)を染め出しの液を使って確認します。
染め出しを行うことで、実際に汚れの残っている部分を目でみて確認し、ブラシをどのように当てて落とせるか実際にブラシを使って落とします。

5ブラッシング指導


普段のお手入れでどのような歯ブラシなどのケア用品を使っているかご確認します。また、お口の中のリスクとなる部位はどのようなアイテムを使って清掃すると良いかご提案します。
6クリーニング
 インプラントのクリーニングでは、セラミックの人工歯やチタンの人工歯根を傷つけない方法を選んで行います。
方法は3種類です。

《エアフロー》


専用のパウダーを用いて歯を限りなく傷つけることなく、汚れを除去します。
特徴は超微細のグリシンパウダー(アミノ酸の一種)を水と一緒に射出して、歯の表面にこびりついたしつこいプラーク(細菌)や、タバコのヤニやコーヒーによる着色汚れ(ステイン)を吹き飛ばします。

従来の方法と比較し汚れの除去効率が大幅に向上したため、短時間で確実に汚れの除去が可能です。

《ソニックブラシ》

ナイロン製のブラシチップを使って歯の表面を磨きます。
特徴はエアー圧による音波振動を利用してブラシが振動するため、インプラントの人工歯表面を傷つけずプラーク(細菌の塊)を除去することができます。

《PMTC》

専用の機械にラバーカップやポリッシングブラシを装着して歯の表面を磨きます。
特徴は歯の表面だけでなく、歯ぐきの中1~2㎜のプラークまで除去することができるため、日常のお手入れでは届かない部分のプラークを除去することができます。またインプラント部分に対しては、使用するペーストも研磨剤不使用のものを使用して磨くため、表面に傷が付着する心配がありません。
 
7むし歯・かみ合わせ・レントゲン精査


すべての検査とクリーニングが終わった後は歯科医師によるお口全体の確認をします。まずは、天然歯にむし歯がないかチェックをします。その後インプラント周囲の歯ぐきの状態を確認します。この時歯ぐきに炎症や排膿がみられる場合は一度、人工歯を外して人工歯根との接続部を十分に洗浄、抗生剤の軟膏を塗布します。その後は1~2週間程で経過観察を行います。また、インプラントに動揺が認められる場合は、レントゲン撮影を行い骨の状態を精査します。骨が大幅に吸収している場合は外科的に切開して不良肉毛や歯石、プラーク(細菌)を徹底的に除去します。


特別な所見がない場合でも、1年に1回の間隔でお口全体のレントゲンを撮影することで治療した部分の内部での経過を詳しく知ることができます。ななつ星デンタルクリニックではすべての患者さまに1年ごとにレントゲンの写真をお取りして早期発見、早期治療できるよう取り組んでおります。

《過重負担》
インプラントにかかる力が大きいと支えきれず、揺れ始めます。
対処法としては2種類あります。

*かみ合わせの調整
色のついた紙をかんで、強く当たっている部分のかみ合わせを調整します。
*ナイトガード作製
夜間の歯ぎしり・かみしめによる負担を軽減するため、1.5~2.0㎜のマウスピースを作製し、夜寝ている間上の歯全体に装着します。このマウスピースは歯と歯の間のクッションの役割を果たし、直接歯にかかる負担を減らします。
*TCH
日常で上の歯と下の歯がタッチしている時間が1日の中で20分以上ある癖のことをTCHといいます。
実は『唇は閉じた状態だけれど、上の歯と下の歯は数㎜離れている』というのが正常です。
しかし、上の歯と下の歯が長時間接触することで歯や顎、歯周組織にも悪影響が及びます。かんだときに痛みを感じたり、知覚過敏の症状や顎関節症になることもあります。インプラントの場合は揺れる刺激により骨が吸収してインプラントを抜去しないといけなくなるケースもあります。
そのため、日常生活で『上の歯と下の歯がタッチしていたら、離す!』ということを意識しましょう!

院長経歴

近藤 英仁

  • 【所属学会等】
  • 日本口腔外科学会 認定医
  • 日本顎咬合学会 認定医
  • 国際インプラント学会 認定医
  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本顎関節学会
  • 日本口腔診断学会
  • 日本歯科医師会
  • 名古屋市歯科医師会
  • 緑区歯科医師会
  • 公立学校共済組合東海中央病院 非常勤医師(口腔外科、インプラント)
  • わかくさ総合歯科 非常勤医師(口腔外科、インプラント)
  • しょうほく歯科 非常勤医師(口腔外科、インプラント)
  • ケンデンタルクリニック 非常勤医師(インプラント)
  • 【経歴】
  • 滝高等学校卒業
  • 名古屋大学理学部卒業
  • 愛知学院大学歯学部卒業
  • 公立学校共済組合東海中央病院 歯科口腔外科 研修医
  • 岐阜大学附属病院 歯科口腔外科 研修医
  • 岐阜市民病院 歯科口腔外科 麻酔科研修
  • 医療法人 にった歯科
  • 公立学校共済組合東海中央病院 歯科口腔外科 医長
  • ななつ星デンタルクリニック開業

【おすすめの関連記事】
・インプラント治療費用のご案内
・入れ歯でお困りの方はインプラントオーバーデンチャー
・ななつ星デンタルクリニックのインプラント治療に対する考え方
・院長紹介
・当院のインプラント治療の特徴

名古屋市でインプラントなら、地下鉄野並駅・名鉄鳴海駅からもアクセスの良いななつ星デンタルクリニックへ