今回は歯周病とインプラントの関わりについてご紹介致します。

【目次】
1歯周病に罹患している人はインプラント治療ができるか
2歯周病の治療はどのようなことをするのか
3インプラント治療が終わった後の歯周病

1歯周病に罹患している人はインプラント治療ができるか
現在歯周病に罹患している患者さんにおいては、治療後のインプラントの残存率(寿命)が低いことが報告されています。
歯周病に罹患している場合は、まず歯周病の治療を行ってから、インプラント治療を始めることをおすすめします。

2歯周病の治療はどのようなことをしますか
歯周病は、主に歯肉が歯に接する付近に存在する歯垢中の細菌が原因で進行する病気です。
歯肉と歯の間にできたポケットといわれるスペースが歯周病が進行するにつれて深くなり、細菌の増殖する空間が増えます。
そうすると歯肉を腫らしたり骨を溶かし、やがて歯が抜けてしまいます。
歯周病はこの進行の程度により、いくつかの治療法があります。

1)歯周病の基本治療
歯周病の進行の程度にかかわらず、初めに行われるべき治療が歯周基本治療です。
原因である歯垢(細菌のかたまり)の除去および歯石の除去、ざらざらしている歯の根の部分の滑沢化、
ぐらぐらする歯のかみ合わせの調整などです。
歯垢の除去をプラークコントロールといい、そのほとんどはご自宅での歯みがきによって落とすことができます。
場合によって、届きづらい部分のリスクとなる歯垢は歯科医院で器械的に行います。

・スケーリング:歯の表面や根の表面の歯垢歯石を器械で取り除くこと
・ルートプレーニング:歯の表面がざらざらしたり、歯石で満たされていたり、
           毒素や微生物で汚染された表層を除去する方法で、
           多くの場合スケーリングと同時に行われます。

また、歯周病の進行に伴って歯は動いてきますが、動いている歯で噛み続けるとさらに負担が増します。
その負担を軽くするための治療として、歯を削るなどしてかみ合わせの調整を行います。
それでもぐらぐらして噛みづらい場合は歯科用の接着剤で隣の歯と接着し、ぐらぐらを抑えます。

これらの基本治療により歯周組織が改善され、ポケットの深さが浅く(2~3mm)で維持されれば検診に移行します。

2)歯周病の外科治療

基本治療で一部ポケットの深さが改善されず、ポケット内で細菌が生息し、歯みがきで除去できない状態や、
歯周病の進行が進んでしまった状態に対して外科的にポケットの深さを減少させる手術があります。
また、特殊な材料を用いて部分的に失われた骨を再生させる手術(再生療法)を行う場合もあります。
手術はそれぞれの病態にあった方法が適応されます。
外科治療後ポケットの深さが改善されれば、検診に移行します。

歯周病は基本治療と外科治療を終えた後、継続してぐらぐらがして進行したり、歯ぐきの腫れや骨の吸収が進行し続ける場合は
抜歯が必要となることがあります。
抜歯のタイミングは担当の歯科医師と相談しながらすすめていきます。

3インプラント治療が終わった後の歯周病

インプラントの治療が終わった後も歯周病に注意が必要です。
それはインプラントはむし歯にはなりませんが、歯周病にはなるからです。
インプラントの歯周病のことを

『インプラント周囲粘膜炎』『インプラント周囲炎』といいます。

・インプラント周囲粘膜炎:インプラント周囲粘膜に発症する骨吸収を伴わない可逆性の病変。インプラント周囲の歯垢(細菌のかたまり)が溜まることによって起こる細菌性の炎症性の病変のこと。歯周ポケットの増加や、ポケットの深さを測る検査の時に出血によって判断します。インプラント周囲粘膜炎の罹患率は高いことが報告されております。

・インプラント周囲炎:インプラントとそれを支える周囲の組織が細菌に感染し、起こる炎症をさします。原因は歯垢や歯石の中に存在する細菌です。毎日のケアが不十分で、歯科医院による定期的な検診を受けていないことが続くと、歯垢が溜まって歯周病原細菌が増殖し、インプラントを支える顎の骨に感染します。
歯周病で歯を失ってしまった場合には、歯周病菌が存在し続けているので、プラークコントロールが行われないと、新たに入れたインプラントも歯周病のような状態になってしまいます。快適にお口の中で機能していたインプラントが合わなくなる最も大きな原因はインプラント周囲炎なのです。

【おすすめの関連記事】
・インプラント治療費用のご案内
・入れ歯でお困りの方はインプラントオーバーデンチャー
・ななつ星デンタルクリニックのインプラント治療に対する考え方
・院長紹介
・当院のインプラント治療の特徴
・当院のインプラント治療の流れ

名古屋市でインプラントなら、地下鉄野並駅・名鉄鳴海駅からもアクセスの良いななつ星デンタルクリニックへ