今回は無歯顎の方へのオールオン4手術についてご紹介致します。

【目次】
・上の歯をすべて失った場合のインプラント治療
・オールオン4治療のpoint1
・オールオン4治療のpoint2

 ・上の歯をすべて失った場合のインプラント治療
当院で手術をされた方は歯周病によって上の歯をすべて失ってしまい、
オールオン4を希望されました。
特に上の奥歯は左右とも抜歯後に上顎洞が下方に大きく拡大しており、インプラントをまっすぐ埋入することが困難でした。このような場合にオールオン4は最適で上顎洞と呼ばれる空洞を避けて、インプラントを傾斜埋入するという計画で進めました。
 
インプラント無料相談時のカウンセリングでお話を聞くと、「上の歯は歯周病が進んで抜けてしまった」と教えていただきました。抜けてからはそのまま歯のない状態で生活をされていました。
そのため、最初に義歯をつくるような行程で上下の歯の型どりを行い、かみ合わせを決めました。
実際に人工歯を配列して、お口の中で試適を行い、最終的にオールオン4の手術後に装着する仮歯を作成しました。
インプラント無料相談後は、お口全体の虫歯・歯周病の検査、二次元のレントゲン写真撮影、口腔内写真撮影を行いました。

・オールオン4治療のpoint1
また、オールオン4で大切なポイントのひとつは仮歯や最終ブリッジをセットしたときに歯茎と補綴物(仮歯や最終ブリッジ)の境目が分からないように手術の際に骨を削って整えることです。
CT画像と顔貌のスマイル写真を参考にし、いちばん笑って唇が上がったとき、どのくらいまで歯茎や歯の根元がみえるかを確認します。
今回の患者さまはスマイル時に見える歯茎が1ミリ程度であったため、大きく骨を削ることはせず、凹凸のある部分を整えました。


 
・オールオン4治療のpoint2
二つ目のポイントは『アクセスホール』の位置です。
「アクセスホール」とは下の写真のようにインプラント体と上部構造(仮歯)を連結するための穴のことです。オールオン4ではこのアクセスホールの位置が重要となります。

前歯部から小臼歯の白い歯の部分にアクセスホールがあると上部構造が折れてしまったり、白い歯の部分が割れてしまうといったトラブルが発生する確率が高まります。
 
インプラントの埋入する位置に関しては、
1.事前にCTによって分析と計画をたてること、
2.手術時にCTを確認しながら口腔内の状態と照らし合わせてインプラント体の埋入、アバットメント(インプラント体と上部構造を接続するパーツ)の装着を行うことで安定する位置にアクセスホールをつくります。

手術と仮歯装着後は今まで上の歯がない状態で生活されていたので、仮歯が入った直後は「噛むと高い感じがするなあ」と話されていました。最初は違和感を感じたり、慣れるまで変な感じがあると思いますが徐々に仮歯をつかって食事や会話をしていただくことでなじんできます。
あまりにも違和感が強い場合や長く続く際は、お早めにご連絡ください。
今後はまず手術した日から2週間~1か月で糸取りを行います。その後は1か月に1回の間隔で仮歯の粘膜調整と噛み合わせのチェック、クリーニングを行います。

【おすすめの関連記事】
・インプラント治療費用のご案内
・入れ歯でお困りの方はインプラントオーバーデンチャー
・ななつ星デンタルクリニックのインプラント治療に対する考え方
・院長紹介
・当院のインプラント治療の特徴
・当院のインプラント治療の流れ
 

名古屋市でインプラントなら、地下鉄野並駅・名鉄鳴海駅からもアクセスの良いななつ星デンタルクリニックへ