入れ歯とインプラントで噛めるようになりたい


 
今回は入れ歯を使っているけれど、『もう少ししっかり噛めるようになりたい。入れ歯が落ちてこないように安定させたい』というお悩みを持っている方へインプラントを使った入れ歯「インプラントオーバーデンチャー」に関するよくあるご質問にお答えしたいと思います。
ご自身や、ご家族の方で悩んでいる方がいたらぜひ読んでみてください。

 
【目次】
・どうして入れ歯は痛みが出る、何かの拍子に外れることがあるのですか?
・インプラントにした友人から費用が何百万もかかって、手術も大変だったという話を聞いて心配です…
・入れ歯につく装置というのは、扱いは難しいですか?
・インプラントオーバーデンチャーはずっと使えますか?
・まとめ 

・どうして入れ歯は痛みが出ること、何かの拍子に外れることがあるのですか?
 特に総入れ歯をお使いの方は、入れ歯の支えとなる骨がだんだん減ってきます。そうすると入れ歯が安定しにくく、噛む時に入れ歯がずれてしまうことがあります。そして、お口を大きくあけたとき、お食事やお話をしているときに外れてしまうことがあります。
また、入れ歯は長い間使っていくと支えとなる粘膜の形態が変化してきます。そうすると、最初痛みもなかったところが強く当たるようになり痛みを生じることがあります。痛みが安定するまでは歯科医院にて入れ歯の調整を行う必要があります。

 
・インプラントにした友人から費用が何百万もかかって、手術も大変だったという話を聞いて心配です…
 まず、インプラントを行う場合、固定性の入れ歯(インプラントブリッジ)にする方法と、取り外し式の入れ歯(インプラント義歯)にする方法とがあります。インプラントブリッジにする場合、片顎で4~6本のインプラントを埋め、その上に12~14本分の歯をつくることになるので費用は約200万円以上~とかなり高額です。
インプラント義歯(インプラントオーバーデンチャー)の場合は、片顎でインプラントを前歯と奥歯に4本埋め込んで、インプラントが骨と結合する期間を待ちます。2ヶ月~3ヶ月待って最終的にはインプラント側と入れ歯の裏側にアタッチメントとよばれる装置を付けることによって入れ歯を外れにくくします。当院では術後すぐに総入れ歯が安定して使えるようにミニインプラントを2本埋入して術後すぐにアタッチメントをつけて固定します。こうすることでミニインプラントによってぴったり固定された入れ歯は食事や日常生活で外れる心配がありません。費用はミニインプラントの費用も含めて約130万円です。
 
手術に関しては、静脈内鎮静法という点滴を併用して行うことで、緊張が和らぎます。眠っているような感覚でリラックスして手術を受けていただくことができます。特にインプラントオーバーデンチャーの場合はインプラントを埋入する本数も多い為、静脈内鎮静法の併用をおすすめしております。

 
・入れ歯につく装置(アタッチメント)というのは、扱いは難しいですか?
 アタッチメントと呼ばれる装置には何種類かありい、例えば磁石を使って磁力で引き合う「磁性アタッチメント」や、洋服のボタンにみられるような凹面と凸面を利用してパチンとはまり合う「ロケーターアタッチメント」という装置などがあります。入れ歯は外して洗えるので、固定式のインプラントと比べて清掃しやすいです。
 
・インプラントオーバーデンチャーはずっと使えますか?
研究によると、長年入れ歯を使用していると、インプラント周辺で入れ歯が破折してしまうことが報告されています。破折をくり返す場合は、入れ歯に金属の床を入れて強度を高めることも可能です。約5年~10年で作り変えることが多いです。また、アタッチメントは摩耗してくるため、1~2年で交換するケースが多いです。入れ歯とアタッチメントは消耗品なので、その費用も含めて検討して頂くと良いです。
 
・まとめ
インプラントオーバーデンチャーは通常の入れ歯と比べて維持力が強く外れにくいのでお食事
や日常生活での会話を気にせず楽しんでいただけます。入れ歯を長く使用していて慣れている方や、入れ歯でもう少し快適に食事を楽しみたいという方にはおすすめの治療法です。

【おすすめの関連記事】
・インプラント治療費用のご案内
・入れ歯でお困りの方はインプラントオーバーデンチャー
・ななつ星デンタルクリニックのインプラント治療に対する考え方
・院長紹介
・当院のインプラント治療の特徴
・当院のインプラント治療の流れ
 

名古屋市でインプラントなら、地下鉄野並駅・名鉄鳴海駅からもアクセスの良いななつ星デンタルクリニックへ

骨造成でできた骨は本当の骨か?


インプラント埋入時のリスクの軽減のために骨造成を行うことは、コンセンサスが得られています。
しかし造成した骨は条件の違いにより差はあるものの、時間の経過とともに変化することは必至です。
現在のところ、骨を造成することはさまざまな工夫により可能といえます。
しかし、正常な骨のリモデリング(骨改造)のなかに組み込まれ、本当の骨となり得るのは自分の組織のみを利用した特定の方法のみと言えます。
臨床で行われている多くの骨造成法では自家組織以外の人工物を使用していたために、本当の骨とはいいがたいです。一方で本当の骨でなくてはいけないのかという議論があります。これに対しては、インプラントという特殊状況から異物が上皮を断裂していることより、つねに感染のリスクを伴うために、辺縁歯肉の下部に骨ではない組織があることはリスクが高いと言わざるを得ません。

【目次】
・成熟個体における骨喪失と形成
・顎骨の再生
・骨造成でできた骨
・まとめ
 
・成熟個体における骨喪失と形成
成熟個体における骨のリモデリング以外で、骨に起こる異常な吸収と造成はいずれも病的と判断されます。一定の間隔を置いて機能圧を加えれば作業性肥大とよばれる代謝機能亢進を起こし、持続的に強い圧を加えれば吸収を起こします。また、炎症により骨は添加もすれば吸収します。これらの現象は通常原因を解除すれば、再生という現象が起こります。しかしながら、骨の吸収、造成が一定限度を超えれば当然その再生は行われず、形態・機能変化を起こすことになります。
 

・顎骨の再生
1骨欠損再生の条件
 再生とは、成熟固体において失われた組織が同じ組織により元の状態に戻ることです。この現象は、胎生期に組織同士が連続性を保ちながら形成される発生という現象を成熟固体が行うことであります。つまり、骨の発生に伴う遺伝子転写因子の発現、タンパク質の発現、そして石灰化への過程が順調に行われることが大前提であります。
 

2骨欠損部の活性化
いかなる骨病変でも、成長因子と誘導因子の放出がなければ骨の活性化が起こりません。骨内には多くの成長因子が含まれており、欠損周囲の骨からこれらの成長因子の放出がもたらされ、骨をつくる骨膜細胞、骨髄細胞などに働きかけ、活性化が起こると骨芽細胞となり、骨再生が始まります。やがて骨芽細胞は石灰化し、骨を形成します。
 
・欠損の再生
大きな骨欠損では、次の条件が満たされなければ、十分な再生を期待することはできません。

  • 酸素と栄養を送り込む血管の再構築の実現
  • 骨欠損部の安定性の確保
  • 再生可能な欠損の限界
  • 骨の再生を阻む組織の排除

これらの条件を満たしていない場合では、人為的な操作が必要となります。できるだけ骨欠損部を小さくして細胞の侵入を容易にするための骨補填材や線維芽細胞の侵入を防ぐ遮断膜の応用などの再生療法が必要となります。
 
・骨造成でできた骨
成熟固体で骨ができる場合、炎症性・反応性の骨造成が多いです。もう一つは、骨芽細胞の遺伝子に異常を来し、非自律的・不可逆的に造成がつづく腫瘍です。下顎隆起は、最初は咬合力の持続による機能性肥大であるが出来上がった骨は緻密骨となり、病理診断学的には骨種と診断されます。同様にブリッジのポンティックの下にも骨隆起ができたりX不透過像が増したりするケースがありますが、やはりその部位に負担がかかり、反応性の骨形成が惹起されると考えられます。さて、前者の炎症性・反応性の骨造成は基本的には可逆的なもので生体の恒常性維持に則って動きます。つまり骨折では骨膜反応で幼弱骨がつくられ、骨折部周辺を広範囲に覆い、次に骨折部が結合すると、余剰な骨は吸収され、元の大きさに戻る。
骨造成を行った骨も炎症性・反応性の骨であることは間違いなく、インプラント周囲に適切な恒常性の維持力や環境がない場所では吸収されることが結論でしょう。
 
・まとめ
今回は骨がどのようにして造成されているのか、骨造成した部分は本当の骨といえるかという難しい内容でした。日常のインプラント手術で行う「骨造成」では、骨が作られるとともに「骨の吸収」も行われるということを想定して移植する量を多めにしたり、数年後の骨造成した部分が良好な状態をキープできるようにという将来のことを考えて行うことが大切であると感じました。当院では上顎の臼歯部にサイナスリフト(骨造成)を行う際には、重力で移植した骨が吸収する量を想定して骨造成の範囲を広げる工夫をしております。そのため、インプラントが入って数年経過した今でもトラブルなく安定して使っていただけております。

【おすすめの関連記事】
・インプラント治療費用のご案内
・入れ歯でお困りの方はインプラントオーバーデンチャー
・ななつ星デンタルクリニックのインプラント治療に対する考え方
・院長紹介
・当院のインプラント治療の特徴
・当院のインプラント治療の流れ
 

名古屋市でインプラントなら、地下鉄野並駅・名鉄鳴海駅からもアクセスの良いななつ星デンタルクリニックへ

ホワイトニングが気になっている方へ④

これまで①、②、③と続いてきたホワイトニング特集も今回が最後です。
最後の内容はホワイトニングで一番心配な「知覚過敏」についてもご紹介致します。
どうぞご覧ください。

【目次】
・ホワイトニングと知覚過敏
〈対処法1〉ようすをみる
〈対処法2〉頻度を減らし、事前のケアをする
〈対処法3〉再石灰化を促進させる
・まとめ
 
・ホワイトニングと知覚過敏
ホワイトニングをすると「歯がしみる」など知覚過敏症状が現れますが、これには、歯面を覆っている「ペリクル」が関係しています。前回のブログでもご説明させていただきましたが、ホワイトニングは歯面を覆うぺリクルを一時的に除去し、変色の原因物質を白くしていきます。
ぺリクルは一時的には消失しますが、ホワイトニング後、約2時間するとふたたび形成され始めます。完全に形成されるまでには約24時間かかり、ホワイトニング後の知覚過敏は、このぺリクルが形成されるまでに発生しやすくなるのです。またホワイトニング剤の濃度が高いものを使用した場合や、歯質の厚みが薄い場合ももちろん、知覚過敏は発生しやすくなるようです。それではどのような対処ができるのかみていきましょう。

 
〈対処法1〉ようすをみる
ぺリクルが形成され成熟するにつれ、その厚みは増していきます。それにしたがい知覚過敏は消失していきます。一般的にホームホワイトニング後の知覚過敏は4時間以内に消失、オフィスホワイトニング後の知覚過敏は24時間以内に消失する傾向にあるようです。この間、ようすをみて知覚過敏を我慢していただくか、必要な場合は鎮痛剤を内服し一時的に症状を和らげるのもよいでしょう。
 
〈対処法2〉頻度を減らし、事前のケアをする
それでも知覚過敏が治まらない場合、ホワイトニングを行う頻度を減らしたり、事前に処置をしましょう。ホームホワイトニングでは、毎日行っていたものを2日に1回、あるいは3日に1回にしてみたり、オフィスホワイトニングでは、しみる場所が事前にわかっている場合は歯肉保護レジンをもちいてコーティングしたり、1日の施術回数(ホワイトニングシステムにより異なりますが、3回くらいが多いようです)を減らすのもよいでしょう。
ホワイトニングの頻度を少なくすると漂白効果が得られるまでの期間は延長されますが、最終的な漂白効果は差がないことを覚えておいてください。

 
〈対処法3〉再石灰化を促進させる
ホワイトニング後の知覚過敏は広汎性であることが多く、部位を特定しにくい場合が多くなります。したがってマウストレーにフッ化物(フッ化ナトリウム)配合ジェルや知覚過敏抑制ジェル、CPP-ACP配合ペーストを塗布し、15~60分ほど保持して再石灰化を促進させる「パッキング」という方法があります。
 
まとめ
ホワイトニングの後に起こりうる知覚過敏。症状は人によってさまざまですが、時間の経過とともに消失していくことが多いのでまずは1日様子をみることから始めましょう。その後は症状に応じてホームホワイトニングであれば行う日数や間隔、オフィスホワイトニングであれば照射する回数や時間を減らしながら行いましょう。知覚過敏に対しては、クリニックにてしみ止めのお薬を塗布することも可能ですので症状が続く場合はお早めにご相談ください。

【おすすめの関連記事】
・インプラント治療費用のご案内
・入れ歯でお困りの方はインプラントオーバーデンチャー
・ななつ星デンタルクリニックのインプラント治療に対する考え方
・院長紹介
・当院のインプラント治療の特徴
・当院のインプラント治療の流れ

名古屋市でインプラントなら、地下鉄野並駅・名鉄鳴海駅からもアクセスの良いななつ星デンタルクリニックへ

ホワイトニングが気になっている方へ③

今回はよくあるご質問の「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」についての
違いをご紹介いたします。どうぞご覧ください。
 
【目次】
・ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの違い
・あなたはどちら?ホームホワイトニングorオフィスホワイトニング
・まとめ
 
・ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの違い
簡単にご説明すると、
ホームホワイトニング:自宅でマウストレーを装着して低濃度のホワイトニング剤でゆっくりと数日かけて歯を白くする方法です。
オフィスホワイトニング:歯科医院で高濃度のホワイトニング剤を使って短時間・短期間で歯を白くする方法です。
 

ホームホワイトニングは、まず前処置を受けていただき、歯型を採って患者さん専用のマウストレーを作製します。それを持ち帰って、自宅で好きな時間にお使いいただけるものです。トレーに薬剤を塗布し、歯にセットして、毎日2~6時間2週間ほど続けます。歯の裏にも薬剤が行きわたるため、効果はゆっくりでもさまざまな変色歯に幅広く対応できます。
オフィスホワイトニングは前処置が終わったら、1~2回ほど歯科医院へお越しいただき、歯科医療者がホワイトニングを行います。まず歯肉に薬剤がついてしまわないようジェルで保護したのち、歯の表面にホワイトニング剤を塗布します。その後、数十分の照射をくり返し、作用を活性化させます。これを3回ほど繰り返します。(ホワイトニングシステムにより、回数は異なります) どちらも効果に個人差はありますが、ご希望の白さになったら終了です。

 
覚えておきましょう!
失活歯の変色は、傷害や根管治療後に起こるため、他の内因性のものとは変色する時期が異なります。これらの原因は根管内に残留した歯髄組織やCR修復した接着界面からの細菌などの侵入です。つまり、原因物質は、主に有機質です。有機質を分解するのに働くのが尿素です。
ホームホワイトニングの主成分は「10%の過酸化尿素」でマウストレー内に3.65%の過酸化水素とともに尿素が存在します。そのため、失活歯の変色にはホームホワイトニングの方がオフィスホワイトニングよりも有効といえるでしょう。
 

・あなたはどちら?ホームホワイトニングorオフィスホワイトニング
〈ホームホワイトニングがおすすめの方〉
1歯科医院に行く時間がない
日々の仕事や家事、育児でなかなか通院の時間がとれない場合は、自分のペースでできるホームホワイトニングがおすすめ。就寝中でもできるので、不規則な仕事をされている方でも無理なく行えます。
2後戻りを遅らせたい
ゆっくり時間をかけてホワイトニングをしていくぶん、色の後戻りも比較的ゆっくりなホームホワイトニングがおすすめです。
3なるべく費用を抑えたい
一般的には自分で行うホームホワイトニングの方がリーズナブルです。
 

〈オフィスホワイトニングがおすすめの方〉
1毎日続けることが苦手
ホームホワイトニングの場合、毎日続けないと効果が上がらないため、自分で続けられる自身のない方にはオフィスホワイトニングがおすすめです。
2見えるところだけ白くしたい
「前歯の見えるところだけ」など部分的に気になるところだけを白くしたい方にはオフィスホワイトニングがおすすめです。白くしたい歯だけにホワイトニング剤を塗布し、他の歯はブロックしてホワイトニングを進めていきます。
3期間が迫っている結婚式までに白くしたい
間近に大事なイベントがあるなど、お急ぎなら、数回のホワイトニングで効果がみられるオフィスホワイトニングがおすすめです。
 

まとめ
ホワイトニングは白くしたい時期までの期間や、ライフスタイルに応じて選んで頂けると良いです。また当院のようにホームホワイトニングのみでオフィスホワイトニングは導入していない場合があったり、その反対のケースも考えられます。それぞれのクリニックのホームページを確認したり、初診時にスタッフへご質問していただけると詳しいご説明や期間についてご紹介できますので、ぜひお気軽にお尋ねください。そして最低でも1か月以上は余裕をもって相談にお越しいただくと実践できる日数が増え、理想の白さに近づけると思います。私はホームホワイトニングの経験がありますが、頑張って2週間、毎日継続した後はかなり白くなりキープ力も半年以上は保てたので短期集中型でホームホワイトニングに挑戦するのもおすすめです。
【おすすめの関連記事】

・インプラント治療費用のご案内

・入れ歯でお困りの方はインプラントオーバーデンチャー

・ななつ星デンタルクリニックのインプラント治療に対する考え方

・院長紹介

・当院のインプラント治療の特徴

・当院のインプラント治療の流れ
 

名古屋市でインプラントなら、地下鉄野並駅・名鉄鳴海駅からもアクセスの良いななつ星デンタルクリニックへ

ホワイトニングが気になっている方へ②

今回は前回に引き続き、ホワイトニングのメリットや副作用についてご紹介致します。

【目次】
◎ホワイトニングは歯を強くする
△ホワイトニングは後戻りする
・まとめ

◎ホワイトニングは歯を強くする
よく、ホワイトニングは歯に悪いの?と疑問に思われる方がいらっしゃいますが、ホワイトニング剤の主成分は消毒液と同じ成分が含まれていて、歯周病菌や虫歯菌に対して殺菌作用を持ちます。さらにホワイトニング後の歯には、歯を強くするフッ化物が浸透しやすいといわれています。つまり、ホワイトニングは虫歯や歯周病の予防効果(ホワイトニングプリベンション)があり、歯を強くするサポートもしてくれているのです。
ホワイトニング剤の主成分である過酸化水素は口腔内や唾液中に浮遊している歯周病菌や虫歯菌に対して殺菌作用を示します。さらに、歯を覆っているペリクルを一時的に消失させて歯の中へと入りこんでいくため、ホワイトニング後の歯はフッ化物が浸透しやすくなるのです。
ただし、この過酸化水素は、バイオフィルム(水分と菌対外多糖の基質内に細菌がパックされた巣)は分解できないため、「病原性の高いバイオフィルム」が原因とされる歯周病や虫歯を治療することはできません。
定期的な検診でプロフェッショナルケアを受けて、バイオフィルムを破壊しながら良好なセルフケアとホワイトニングで病原性の低い状態を維持することが、歯周病、虫歯の予防につながるでしょう。

 
△ホワイトニングは後戻りする
髪の毛を染めた時と同じで、ホワイトニング後の歯も元の色に戻る傾向があります。気になったときは、白さをキープするために、追加のホワイトニングを行ってください。これを「タッチアップ」と言います。
ホワイトニングはコップや湯飲みなどに例えることができます。飲み物などにより着色したコップなどを漂白しても、お茶やコーヒー、紅茶などを飲む頻度が多い場合、再び着色してきますよね。ホワイトニングにも同じことが言えるのです。そのため、再度漂白する「タッチアップ」が必要です。後戻りによる変色は表層に近い部分から起こるので、ホワイトニング剤が浸透しやすく、タッチアップはホームホワイトニングでもオフィスホワイトニングでも、1回で白さを取り戻すことができます。タッチアップにも自宅で無理なく自分のペースで行うタイプと、歯科医院で行うタイプがあります。
また、コップや湯飲みを使用した後、毎回しっかりと洗えば茶渋などは着色しにくくなります。
これもホワイトニングと同じことで、定期的な検診でのプロフェッショナルケアにより、ホワイトニング後の後戻りを抑え、白さをより長く保つことができるのです。
 

覚えておきましょう!
エナメル質表面に塗布されたホワイトニング剤はエナメル小柱間隙やエナメルクラック、エナメル葉など、比較的すきまの開いている部分から内部に浸透していきます。ホワイトニング剤によって切り離された歯の有機質や無機質と、変色の原因物質のあいだが再石灰化により封鎖されることで、後戻りの程度を少なくすることができます。また、歯は通常、内側にある象牙質が外側にある半透明のエナメル質に透けてみえていますが、再石灰化されるとエナメル質は光を乱反射させるため、象牙質の色調を遮蔽する効果もあります。
 
・まとめ
「ホワイトニングが歯を強くする」とは、私も初めて知ったとき驚きました。白く綺麗になれるだけではなく、歯の質が強くなって虫歯や歯周病を予防するという効果があるのならばぜひ多くの方へお勧めしたいなと感じました。また、後戻りは色が少し黄色っぽくなってきたと感じた時点で早いうちに行うことがおすすめですね。歯医者で行うホワイトニングやホワイトニングのジェルがなくなってしまったという方は早めに気づいて予約をした方が短期間で効果が出やすいです。また、定期的にご自宅の鏡で歯の色を観察しながらタイミングを決めると良いです。

【おすすめの関連記事】
・インプラント治療費用のご案内
・入れ歯でお困りの方はインプラントオーバーデンチャー
・ななつ星デンタルクリニックのインプラント治療に対する考え方
・院長紹介
・当院のインプラント治療の特徴
・当院のインプラント治療の流れ

名古屋市でインプラントなら、地下鉄野並駅・名鉄鳴海駅からもアクセスの良いななつ星デンタルクリニックへ


ホワイトニングが気になっている方へ①

今回はホワイトニングを始める前に知っておきたい自分の歯の性質について詳しくご紹介致します。
【目次】
・歯の黄ばみ、黒ずみには2種類の原因がある
・ホワイトニング効果が出やすい歯と出にくい歯がある
・まとめ

・歯の黄ばみ、黒ずみは2種類の原因がある
歯の変色は、虫歯やステイン(表面の汚れ)による外因性のものと、遺伝や代謝、歯の障害、化学物質や薬剤の作用による内因性のものの2種類があります。
外因性の変色は主に虫歯やステインによるもので、修復治療やPMTC(歯の表面を磨くクリーニング)・エアフローにより改善できます。一方、内因性の変色は原因物質が歯に取り込まれることによるものです。永久歯の歯ぐきから上の部分化(歯間部)は、生まれてから6歳頃までに顎のなかですでに作られていますが、この、歯が作られる過程で変色の原因物質が歯に取り込まれると、「変色歯」となるのです。改善するにはホワイトニング材を歯質に浸透させることが必要となります。
 

より詳しく知ろう!
歯の変色は原因物質の分子量によって色調が異なります。分子量の大きい原因物質が歯に取り込まれると暖色系(赤・オレンジ・黄に近い色)の変色歯となります。逆に分子量の小さい原因物質が歯に取り込まれると寒色系(黒・グレー・青に近い色)の変色歯となります。
また、原因物質の量や取り込まれる時期により変色部が縞模様になることもあり、「バンディンング」とよびます。

 
・ホワイトニング効果が出やすい歯と出にくい歯がある
暖色系(赤・オレンジ・黄に近い色)の変色歯はホワイトニングの効果が出やすく、寒色系(黒、グレー・青に近い色)の変色歯はホワイトニングの効果が出にくいと言われています。さらに縞模様(バンディング)がある場合もホワイトニングの効果が出にくいと言われています。
ホワイトニング剤は歯の表面を覆っている「ペリクル」を一時的に除去して歯の中に入り込み、変色の原因物質を白くしていきますが、作用は大きく分けて2つあります。
1つ目は歯の有機質や無機質と変色の原因物質との結合を切り離すこと。2つ目は原因物質の分子を細かく切り、バラバラにすることで変色を目立ちにくくすることです。
暖色系と寒色系でくらべると、暖色系の変色歯のほうがホワイトニング効果は目立ちます。これは変色の原因物質を脂肪量に例えてみるとわかりやすいでしょう。
脂肪量が多い(変色原因物質の分子量が大きい)、太った人(暖色系の変色歯)は、少しやせる(色が変わる)だけでもダイエット(ホワイトニング)効果が目立ちますが、脂肪量が少ない(変色原因物質の分子量が小さい)やせている人(寒色系の変色歯)は、少しやせても目立たないというわけです。

 
まとめ
ホワイトニングが気になっている方、始めたいなと考えている方はまずご相談に来てください。
今回の記事のように、歯医者でお口の中を検査すると歯の黄ばみや黒ずみは何が原因となっているのか、自分の歯は暖色系か寒色系かどちらだろうかという疑問が解決されて、よりホワイトニングについて知って始めることができます。次の記事ではホワイトニングのメリットや副作用についてもご紹介致します。

【おすすめの関連記事】
・インプラント治療費用のご案内
・入れ歯でお困りの方はインプラントオーバーデンチャー
・ななつ星デンタルクリニックのインプラント治療に対する考え方
・院長紹介
・当院のインプラント治療の特徴
・当院のインプラント治療の流れ

名古屋市でインプラントなら、地下鉄野並駅・名鉄鳴海駅からもアクセスの良いななつ星デンタルクリニックへ

拡大鏡を使う歯の治療・手術


歯の治療をするとき、歯医者の先生や歯科衛生士が虫メガネのようなものをつけているのを
見たことはありますか?これは『拡大鏡(かくだいきょう)』といいます。今回はこの拡大鏡を
使うと、治療や手術でどんな良いことがあるのか、当院の拡大鏡の特徴についてご紹介致します。

 
【目次】
・拡大鏡を使用する治療
・歯科医師が使う拡大鏡の特徴
・歯科衛生士も拡大鏡
・まとめ

・拡大鏡を使用する治療
当院では毎日の治療で拡大鏡を使用しております。 開院当初は歯科医師のみ拡大鏡を使用していましたが、
現在では歯科医師・歯科衛生士全員のスタッフが拡大鏡を使って治療に取り組んでいます。
拡大鏡を使うと見える世界が全く違います。裸眼だと歯と歯の間の虫歯がなかなか見えないのですが、
拡大鏡で見るとわかります。また、むし歯の治療も健康なところを傷つけずに必要な部分だけを精密に
削ることができるので、自分の歯をできる限り残すことができます。 そして詰め物やかぶせ物などの治療を
する場合も、より精度の高い形成や調整を行い再び虫歯になるリスクを低くします。
クリーニングの際にも細かな汚れや歯石を残すことなく取り除くことで歯周病の予防をおこないます。

・歯科医師が使う拡大鏡の特徴  
ななつ星デンタルクリニックの歯科医師はアメリカの脳外科医や心臓外科医が使っているものと同じ拡大鏡を
使用しています。とても視野が広くて治療がしやすく、毎日の治療や手術には欠かせないものになっています。

・歯科衛生士も拡大鏡
当院では歯科衛生士も拡大鏡を使用して歯周病の治療、クリーニングに取り組んでいます。
特に上の一番奥の歯の後ろ側、親知らずが埋まっている手前の歯の周りには歯周病の原因である細菌のかたまりが
溜まっています。このようなリスク部位にライトを照らして細かいところまでクリーニングをすることで
歯医者に来て行うプロフェッショナルケアが実現します。また定期検診では歯や詰め物に穴や欠けているところは
ないか、虫歯になりそうなところはないか確認をして疑いのあるところは歯科医師と一緒に確認をおこないます。

・まとめ
拡大鏡は一度使うと、なくてはならない存在です。 虫歯においては、確実に虫歯の部分を取り除き自分の歯を削る量を
少なくします。 歯周病においては歯石やプラークを目視で確認し、確実に除去することで進行を防ぎます。
親知らずの抜歯においては分割した歯根の先端まで丁寧に抜歯を行い、術後の患者さまの負担を軽減します。
これら3つ以外にも拡大鏡にはもっとたくさんの魅力があります。今後もこのような魅力の詰まった拡大鏡を使って
より歯が長持ちする治療や定期検診を続けていきたいです。

【おすすめの関連記事】
・インプラント治療費用のご案内
・入れ歯でお困りの方はインプラントオーバーデンチャー
・ななつ星デンタルクリニックのインプラント治療に対する考え方
・院長紹介
・当院のインプラント治療の特徴
・当院のインプラント治療の流れ

名古屋市でインプラントなら、地下鉄野並駅・名鉄鳴海駅からもアクセスの良いななつ星デンタルクリニックへ

インプラントの型取り

インプラントの手術が終わり、ホッとした後は期間をおいて型取りを行います。今回はこの型取りについての当院のこだわりをご紹介致します。どうぞご覧ください。

【目次】
・インプラントの型取りのタイミング
・当院のインプラントの型取りへのこだわり
・型取りをして出来上がるまで
 
・インプラントの型取りのタイミング
インプラントの型取りは、手術が終わってインプラント体と骨が固まったタイミングで行います。
骨の状態に応じて期間は変わります。
・骨が十分にあり、移植が不要な場合:手術から2ヶ月~2ヶ月半程度
・骨が不足しており、移植を併用した場合 :手術から3ヶ月~6ヶ月以上
毎回インプラントの手術が終わったあとに、院長より骨の状態に応じて何ヶ月程待ち期間があるかお伝えします。

 
・当院のインプラントの型取りへのこだわり
当院ではすべての方のインプラントの上部構造(被せもの)をジルコニアというセラミックの材料で作製しております。
こちらの材料で行う理由としては生体親和性が良く、強度も強い為インプラントに多い奥歯も安心して長く使って頂けるからです。また、前歯も周りの歯の色に合わせて透明感やツヤを出して作製することができるため、自分の歯と同じくらい自然です。
 
では当院の型取りをするときのこだわりをご紹介致します。

1シリコン印象材

こちらのシリコン印象材は、型を取った後時間が経過しても変形することがありません。
そのため、よりお口の中の状態を再現しやすくかつ精密に型を取ることができます。

2デジタルシェードテイキング

続いて歯の色を合わせるとき、インプラントが入る周りの歯に合った色見本、もう少し全体を白くしてこのくらいにしたい。などの希望の色を患者さまとご相談して決めます。決めたあとは歯の色と色見本を合わせて写真を撮影します。この写真を専属の歯科技工士にお渡しします。そして写真を参考に技工所にて色や形、顔とのバランスをみながら作製します。
 
・型取りをして出来上がるまで

インプラントの型取りをした後は、2週間後に上部構造(被せもの)が出来上がります。
型取りを終えたあと、採得した印象物を専属の歯科技工士にお渡しします。そして作製の過程
で歯科技工士と院長の間で歯の大きさや色、歯の傾きや角度など細かいところまで打ち合わせをします。
完成後は上部構造(被せもの)を院長がお口の中で合わせ、調整を行います。
印象物やかみ合わせを精密に採得しているため、適合や咬合も良好です。調整の時間は10分~20分程度で終わり、装着後はさっそくお食事などで使って頂きます。最初は久しぶりに入った歯に違和感や、頬の粘膜を噛んでしまう方も多いですが徐々に慣れてくることがほとんどです。当院では、装着後1週間~2週間程度で全体のお掃除とインプラント部分の確認をさせていただきます。このとき、高さや大きさなど違和感がある部分は確認して調整をします。
この時お口全体で問題なく、気になるところもない場合は定期検診に進みます。


3ヶ月ごとにお口全体とインプラントの部分の検査・クリーニングを行い、1年に1回のペースでレントゲン写真、お口の中のカラー写真を撮影して変化がないか精査します。
このように定期的に検査とクリーニングにお越しいただくことで、インプラントの部分も早期に炎症や過重負担に気付き、骨が溶けたりインプラントに負担がかかって揺れてしまうのを予防します。
インプラント治療後もぜひ定期検診に通う習慣をおすすめします。

【おすすめの関連記事】
・インプラント治療費用のご案内
・入れ歯でお困りの方はインプラントオーバーデンチャー
・ななつ星デンタルクリニックのインプラント治療に対する考え方
・院長紹介
・当院のインプラント治療の特徴
・当院のインプラント治療の流れ
 

名古屋市でインプラントなら、地下鉄野並駅・名鉄鳴海駅からもアクセスの良いななつ星デンタルクリニックへ

オールオンン4のおすすめケアアイテム

今回はオールオン4の方へおすすめの歯ブラシなどセルフケアアイテムをご紹介します。
粘膜と上部構造の境目は汚れが溜まりやすく、インプラントの周りの歯ぐきが炎症を起こしてしまうことがあります。
そのため、土台となるインプラントが長持ちするように、まずは家でのケアに力を入れていきましょう!

 
【目次】
・オールオン4とは
・上部構造はどうなっているの?
・おすすめの歯ブラシ
・おすすめの電動歯ブラシ
・おすすめのタフトブラシ

 
・オールオン4とは
オールオン4とは、インプラントを埋めたその日に「動かない、見た目の良い、固定式の仮歯」が装着できる最先端のインプラント治療です。
特徴としては、上下の顎にそれぞれ4~6本のインプラントを埋め入れ、前歯から奥歯まで一体となった人工歯を装着します。
今回はこの一体となった上部構造をお手入れする際におすすめのケア用品をご紹介致します。
 
・上部構造(人工歯)はどうなっているの?

上部構造は上の写真のように、人工歯「白い歯」のみではなく、歯茎の部分も含めて一体となっております。そのため、自分の粘膜の上に上部構造が固定されるという状態で過ごして頂きます。

 
・おすすめの歯ブラシ
1ルシェロ・ピセラ (GC:ジーシー)
届きにくいところに簡単に届く設計でカバーできるのがルシェロ・ピセラの特徴です。

ではオールオン4でのケア、という視点で特に注目して頂きたいのは、先端5束がタフトブラシになっているところです。

上部構造と粘膜の境目は段差になっており、そのすき間を磨きたいときにフラットなタイプの歯ブラシを使うと境目に毛先を入れることがかなり難しいです。そこで、ルシェロ・ピセラシリーズを使うと、先端のタフトブラシ部分が上部構造と粘膜の境目に簡単に入り込み、入れてから細かく横・縦・斜めに動かすことで汚れが落ちます。

《step1》まずは、ルシェロとピセラの違い・共通している特徴をご紹介します。

〈2つの相違点〉
▶ルシェロ
ピセラに比べてヘッドの大きさが大きく、グリップ部分が長い
▶ピセラ
ルシェロに比べてヘッドの大きさが小さく、グリップ部分が短い
〈2つの共通点〉
▶B(ベーシックタイプ)
通常の虫歯予防に適したタイプ。
▶P(ぺリオタイプ)
知覚過敏、歯周病予防、歯周病治療後のメンテナンスに適したタイプ。
細い毛先が歯周ポケットもきれいにします。
 
《step2》続いて、ルシェロとピセラどちらが自分に合う歯ブラシなのか選びます。

〈ルシェロ/ピセラの選び方〉
▶ルシェロ
男性の方・お口の大きい方や人工歯の切端から粘膜との境目までの距離が長い方
▶ピセラ
女性の方・お口の小さい方や人工歯の切端から粘膜との境目までの距離が短い方
 
《step3》最後に、ペリオ・ベーシックどちらが合っているのか選びます。


〈Pペリオタイプ/Bベーシックタイプの選び方〉
▷Pペリオタイプ
手術後の粘膜が幼弱(ブヨブヨしていてやわらかい)場合
▷B ベーシックタイプ
粘膜が安定して、引き締まった手術後1~2か月後以降
 
このような基準をもとに、患者さまの粘膜の状態や使い心地に応じてさらに自分に合っている歯ブラシを決めていきます。
 
・おすすめの電動歯ブラシ
続いて、オールオン4治療におすすめの電動歯ブラシをご紹介致します。
1ソニッケアー (Philips:フィリップス)
音波水流で歯垢を落とすというのがソニッケアーの一番の特徴です。
ではオールオン4でのケア、という視点で特に注目していただきたいのがブラシの形態です。
写真で見てわかるようにブラシを横から見てみると、先端へ向かうにつれて湾曲しながら毛先が伸びています。
先端がいちばん長くなっているので、この部分がオールオン4の上部構造と粘膜の境目に入りやすく、水流の力で
綺麗に洗い流すことができます。
今回は数あるブラシの中でいちばんおすすめの接続ブラシをご紹介いたします。


 
▷プレミアムガムケア

こちらのブラシは歯茎のケアを目的としてつくられたブラシです。
形態としてはヘッドの上下の先端が長くつくられており、粘膜と上部構造の境目にバッチリ入っていきます。また、ブラシの硬さが柔らかめなので、高速振動で歯茎や粘膜を傷つける心配がありません。毛の硬さを考慮して、1ヵ月~2ヶ月程度経って毛先が開いてきたタイミングで新しいブラシと交換することをおすすめします。
他社の電動歯ブラシも音波水流であったり、丸形回転であったりとさまざまな特徴がありますが、付け替えブラシの形態と種類の豊富さはオールオン4の上部構造にとって一番相性が良いかもしれません。
 

・おすすめのタフトブラシ
最後に、オールオン4治療におすすめのタフトブラシをご紹介致します。
1プラウト (OralCare:オーラルケア)

狭いすき間にピタッと当たる毛先と、汚れを吸い上げる密な植毛がプラウトの特徴です。
では、オールオン4でのケア、という視点で特に注目して頂きたいのが狙ったところがピンポイントで磨けるところです。


タフトブラシは、これまでに紹介した歯ブラシや電動歯ブラシと比べて圧倒的にブラシの部分がコンパクトで自分がここを磨きたい、汚れが溜まっているから取りたい!というところを確実に磨くことができます。また、上部構造のお手入れでいちばん困難なのが「くちびるが覆いかぶさっているところに歯ブラシを入れづらい」という点です。入らないから届くところまでみがいておこう。と諦めてしまうと、粘膜との境目に歯周病の菌が増殖してしまいます。ここで、プラウトを使うと唇を排除しながらブラシが入れやすく、快適に磨くことができます。
 

【おすすめの関連記事】

・インプラント治療費用のご案内

・入れ歯でお困りの方はインプラントオーバーデンチャー

・ななつ星デンタルクリニックのインプラント治療に対する考え方

・院長紹介

・当院のインプラント治療の特徴

・当院のインプラント治療の流れ

名古屋市でインプラントなら、地下鉄野並駅・名鉄鳴海駅からもアクセスの良いななつ星デンタルクリニックへ

ページトップへ