歯の治療をするとき、歯医者の先生や歯科衛生士が虫メガネのようなものをつけているのを
見たことはありますか?これは『拡大鏡(かくだいきょう)』といいます。今回はこの拡大鏡を
使うと、治療や手術でどんな良いことがあるのか、当院の拡大鏡の特徴についてご紹介致します。

 
【目次】
・拡大鏡を使用する治療
・歯科医師が使う拡大鏡の特徴
・歯科衛生士も拡大鏡
・まとめ

・拡大鏡を使用する治療
当院では毎日の治療で拡大鏡を使用しております。 開院当初は歯科医師のみ拡大鏡を使用していましたが、
現在では歯科医師・歯科衛生士全員のスタッフが拡大鏡を使って治療に取り組んでいます。
拡大鏡を使うと見える世界が全く違います。裸眼だと歯と歯の間の虫歯がなかなか見えないのですが、
拡大鏡で見るとわかります。また、むし歯の治療も健康なところを傷つけずに必要な部分だけを精密に
削ることができるので、自分の歯をできる限り残すことができます。 そして詰め物やかぶせ物などの治療を
する場合も、より精度の高い形成や調整を行い再び虫歯になるリスクを低くします。
クリーニングの際にも細かな汚れや歯石を残すことなく取り除くことで歯周病の予防をおこないます。

・歯科医師が使う拡大鏡の特徴  
ななつ星デンタルクリニックの歯科医師はアメリカの脳外科医や心臓外科医が使っているものと同じ拡大鏡を
使用しています。とても視野が広くて治療がしやすく、毎日の治療や手術には欠かせないものになっています。

・歯科衛生士も拡大鏡
当院では歯科衛生士も拡大鏡を使用して歯周病の治療、クリーニングに取り組んでいます。
特に上の一番奥の歯の後ろ側、親知らずが埋まっている手前の歯の周りには歯周病の原因である細菌のかたまりが
溜まっています。このようなリスク部位にライトを照らして細かいところまでクリーニングをすることで
歯医者に来て行うプロフェッショナルケアが実現します。また定期検診では歯や詰め物に穴や欠けているところは
ないか、虫歯になりそうなところはないか確認をして疑いのあるところは歯科医師と一緒に確認をおこないます。

・まとめ
拡大鏡は一度使うと、なくてはならない存在です。 虫歯においては、確実に虫歯の部分を取り除き自分の歯を削る量を
少なくします。 歯周病においては歯石やプラークを目視で確認し、確実に除去することで進行を防ぎます。
親知らずの抜歯においては分割した歯根の先端まで丁寧に抜歯を行い、術後の患者さまの負担を軽減します。
これら3つ以外にも拡大鏡にはもっとたくさんの魅力があります。今後もこのような魅力の詰まった拡大鏡を使って
より歯が長持ちする治療や定期検診を続けていきたいです。

【おすすめの関連記事】
・インプラント治療費用のご案内
・入れ歯でお困りの方はインプラントオーバーデンチャー
・ななつ星デンタルクリニックのインプラント治療に対する考え方
・院長紹介
・当院のインプラント治療の特徴
・当院のインプラント治療の流れ

名古屋市でインプラントなら、地下鉄野並駅・名鉄鳴海駅からもアクセスの良いななつ星デンタルクリニックへ