サイナスリフトとは

骨の少ない方の治療もお任せください

上顎洞の側面から骨に穴を開け、上顎洞粘膜(シュナイダー膜)を剥離して、持ち上げた部分の空間に他の部位の骨や人工骨などを移植する方法です。
もとから、インプラントを固定するくらいの骨が残っている場合は、インプラントを同時に埋入することが可能です。ですが、1〜2mmくらいしか骨が残っていない場合は、骨の移植だけを先におこない、5ヶ月間前後、
骨の成熟を待ってからインプラントを埋入する場合も
ございます。

サイナスリフトは
このような方にオススメです

  • 上顎の奥歯が抜けた状態が長く、骨の量が足りない方
  • 上顎洞内に炎症がない方
  • 他院で骨の不足によりインプラント治療を断られた方

サイナスリフトのメリット・デメリット

・治療範囲が広いので、使う骨素材の量も多くなりますがその分、長い間インプラントが使えます。
・施術の箇所が見えるためリスクも低いです。
・現在の骨の量にも左右されません。

・治療期間が長く、費用もかかるため、患者さんの負担は大きくなります。

サイナスリフトの流れ

頬側の歯肉を剥離し、上顎洞に隣接する部分の骨のブロックをピエゾサージェリーを使用して取り除き、骨窓を開けます。

上顎の粘膜(シュナイダー膜)を上顎洞の底から剥離して持ち上げスペースを作ります。

持ち上げて出来たスペースに、破れ防止の為コラテープ(膜)を敷いた上で、骨補填材(ネオボーン=人工骨)と、場合によりCGF(自己血液由来のゲル素材)を填入します。

上顎洞に隣接する、取り除いた骨のブロックを戻し、骨窓を閉じます。

コラテープ(膜)を被せて縫合します。場合によっては平たくつぶしたCGF(自己血液由来のゲル素材)を使用します。

5ヶ月前後、骨が安定してればインプラントを埋入します。

ページトップへ