歯を抜けたままにしている方へ

名古屋市緑区にあるななつ星デンタルクリニック

歯を抜けたままにしていませんか?

歯が抜けている方は、抜けた後にどういった治療をするかが重要になりますが、その前に歯を抜けたままにしておかないということが非常に重要になります。

  • 歯が抜けてしまったけど、生活に支障がないからまぁいいか…
  • 今は忙しいし、お金もないから少ししてから治療に以降
  • 歯が抜けたけど、痛くもないからしばらくはこのままでいいかなぁ
  • 虫歯で痛かった歯を抜いてもらえて良かった

この様に思われて、歯を抜いたままにしていませんか?確かに、歯を抜いてそのままにしておいても、すぐに痛みが出るわけでも、腫れるわけでもありません。あまり生活にも支障がないかもしれませんね。しかし、これは大きな間違いなのです。

歯を抜いてそのままにしておくと、口腔内に限らず、様々な問題が出てきます。それはすぐに起きるものではありませんが、じわじわとゆっくり時間をかけて、あなたに大きなトラブルとなって襲いかかって来る可能性が高いのです。
歯には1本1本の役割があり、その機能が果たされなくなると体全体に負担がかかることになります。

歯を抜けたまま放置すると起こりうること

1. かみ合う歯が抜けた歯のスペースに伸びてくる(対合歯の挺出(ていしゅつ)

歯が抜けたまま放置しておくと今までかみ合っていた反対側の歯が伸びてきてしまいます。伸びてしまった後で治療を行う場合は、伸びてきた部分をもとの伸びる前の状態に戻さないと良いかみ合わせが作れません。治療法としては伸びてきた部分の歯を削ってかみ合わせを整える、かなり伸びてしまった場合は歯を大きく削って上から被せものをする、または矯正治療を行うなどです。どの方法も健康な歯を削るというリスクがあります。

2. 抜けた歯の両隣の歯が動き、傾いてくる (隣接歯の傾斜)

歯は相互に力をかけ合うことによってその位置を保っています。しかし、歯を抜いてしまったことによってその両隣の歯を支えてくれる歯が無くなってしまい、空いたスペースに徐々に動き傾いてきます。この抜けたままの状態を長時間放置しておくと、さらに横の歯も同じように動いて傾いてきます。この傾いてしまった歯をもとに戻そうとするには、全体的な矯正治療が必要です。矯正治療は費用も期間もかかるため、抜いた後は長期間放置しないことがおすすめです。

3. 虫歯・歯周病になりやすくなる

歯が無くなり、歯が動くことにより歯のすき間が開いてきます。そうするとその部分に磨き残しが出来、むし歯や歯周病になり易くなります。また、咬み合わせが崩れ、歯に異常な力が加わることで、歯周病が進行しやすくなります。

4. 咬み合わせがおかしくなる

歯を抜いた本数が多い場合にはお口全体を使ってうまく噛むことが出来なくなります。片方の歯ばかりで噛んだり、咬み合わせのバランスが崩れてきます。このように咬み合わせがずれることによって、あごや関節に不自然な力が加わり、「顎関節症」になりやすくなります。あごの関節が痛くなったり、口を開け閉めする際に音がしたり、口が開きづらくなることがあります。

5. 頭痛や肩こりの原因の可能性も

歯が抜けている場所で咀嚼(そしゃく)しにくくなるため、食事の際に片方のみで噛んだり、筋肉の付き方がアンバランスになります。口腔内だけの問題ではなく身体全体に影響し、頭痛や肩こりが起こる場合があります。

6. 内臓に負担がかかる

歯が抜けると十分に咀嚼(そしゃく)できなくなるため、消化管への負担が大きくなります。噛む回数が減ることで、唾液の分泌も落ちて消化不良を起こしやすくなります。

7. 見た目が気になる

歯を抜いてそのままにしておくと、見た目が気になって自然と人前で大きな口を開けて話したり笑ったりすることを控えるようになります。また普段はあまり人の歯を意識して見ない人でも、その人のお口の中に歯がなかったりすると違和感があり気になってしまうものです。それだけ、歯や口元の審美性が周囲の人に与える印象は大きいということです。

8. 顔の輪郭が変化してくる

特に奥歯を1本でも失うと、頬のラインや顎のラインが内側によります。歯を抜いてから時間が経つと歯茎も下がってくるので頬がこけてみえたり、顎がたるんで見えたりします。また、前歯や小臼歯の場合は口元にしわが寄りやすくなり、実際の年齢よりも高齢に見えてしまうこともあります。このように見た目の面からも抜いた歯をそのままにしておくということはさまざまな影響がでてきます。

早めの治療が大切です

これまでご紹介した内容は、痛みがなくても確実に進んでいます。食事の面で不自由がなく、症状も長い間なければそのままにしてしまいがちですが、歯がない状態が続くと抜けた部分の骨が刺激を受けずどんどん痩せてしまいます。そうすると、治療を始めようとしたときにインプラントは移植をしないとできない、入れ歯が安定しない、ブリッジを作ったけれど食べ物がつまりやすいなどという問題が生じてきます。今お悩みの方はまずご相談から始めてみてはいかがでしょうか。

歯を抜けたままにしていませんか?関連リンク

歯を1本失ったらどうする?インプラント、入れ歯、ブリッジの違い

インプラントと保険治療の違い

インプラント治療に関するよくある質問

ページトップへ